ssrweb.cocolog-nifty.com > § Photo Gallery 2006@FZ30 1月〜6月

満開のアジサイを観ながら
アジサイと1000系
住宅街を駆け抜けて
アジサイの群生を通り過ぎる急行電車
あじさいカーブを行く急行電車
アジサイとあじさいヘッドマーク
アジサイの脇をすり抜けて
東松原に進入する急行電車
あじさいの駅に到着した各駅停車
ブルーの編成美
水薫る田園地帯を
日本の春を行く
コンテナ満載して
山陽本線を下る「サロンカーなにわ」
荷は軽し
築堤を登ってゆく「あすか」
岡山口で最後の活躍をする103系
通い慣れた道を
初夏の山陽路を行く客車列車
山里の中を行くリゾート14系
緑多い山陰本線を行くサロンカーなにわ
帰り道
峠を駆け降りてきた「たつのぴっかり号」
峠を下る「たつのぴっかり号」
オメガカーブを行く「たつのぴっかり号」
善光寺平を見下ろして
長野盆地を後にして
スイッチバック交換中
パノラマ風景を行くパノラマ「雷鳥」
アプローチへ駆け上がって行く「雷鳥」
湖西線のハイライト区間を行く「サンダーバード」
琵琶湖と湘南色
琵琶湖沿いを北上して行く貨物列車
琵琶湖をバックに快走する普通電車
湖西線を行く国鉄色475系
マキノ高原を行く「サンダーバード」
新疋田のカーブを行く「だんらん」
ぬぅっとすり抜けて
長大カーブ・長大編成コンテナ列車
溶け込むダークグリーン
新疋田のカーブを行く「雷鳥」
定番中の定番
日野川を渡るモ880
日野川へアプローチするモ880
福井口の区間列車に運用中の国鉄色
国鉄色を先頭にした普通列車
北へ向けて走り去る「きのくに」
北陸本線を行く「きのくに」
直線区間を快調に飛ばす「雷鳥」
早朝の北陸本線を行く「日本海」
緑の切り通しを駆け抜けて
宍道湖をバックに
清らかな斐川を渡るスーパーまつかぜ
斐川を渡る「やくも」
夜久野の大カーブを行く
初夏の陽光をあびて
急峻な地形を克服して
険しい地形すりぬけて
断崖を渡る「南風」
波打ち際を行くアイランドエクスプレス
安和海岸を行く
田植えの頃
映えるブルーの帯
スカイブルーの風
緩やかなカーブを
土佐の里を行く
築堤を駆け上がるキハ58
緑に咲く花
西日にキラリ
夕日を背に受けて
引退に花を添えて
老体を軋ませて
白山をバックに
緑茶電車
晴れ上がった空の下で
高松の市街地を行く22形
線路沿いに咲く花たち
釣掛サウンド高らかに
源氏ヶ峰をバックに
静かな波打ち際を行く旧型電車
通いなれた海岸線を行く
志度湾をバックに
房前ノ鼻を行く600形
黄色い花とコトデン
100Rの急カーブ
紫煙たなびかせて
根知で交換する普通列車
春の根知駅にて
雨上がりの田園地帯を行く
ヘッドライト煌々と
青木湖畔をゆく「しなの」
雨を切り裂いて
フル編成が渡る
橋を見上げて
峠のサミットへ
漁村の町を渡る
静かな浜辺を渡る
溢れる轟音を残して
午後の餘部を行く
そろりと
海と山に抱かれて
餘部を後にする普通列車
谷の向こうへ
観光客で賑わう餘部駅
皐月の空にゆうゆうと
静かな空間
海辺の谷にこだまして
日本海をバックに
新緑のトンネルから
小さな川を大きく跨いで
エキゾースト全開
早朝の餘部鉄橋を渡る普通列車
飛ぶように
流れる景色
夕暮れに翔ぶ
釣掛サウンド高らかに
疾走サンダーバード
白い連なり
流し目?
春の庭先にて
残照
慣れ親しむ北陸本線をゆくパノラマ雷鳥
厳めしい顔つきの475系
北陸路を後にする「しらさぎ」
長いトンネルを抜けて
初夏の九頭竜川を渡る雷鳥
九頭竜川を渡るサンダーバード
麦畑の前を走る「雷鳥」
新緑に包まれて
県境を行く普通列車
牛ノ谷峠を行く「しらさぎ」
熊坂トンネルへ突入する「雷鳥」
バラエティーに富む「トワイライトエクスプレス」
新緑の中を行く「トワイライトエクスプレス」
軽快な走りの「サンダーバード」
ゆるやかなカーブを行く「しらさぎ」
パノラマグリーン車が先頭の「雷鳥む
植えられたばかりの水田を行く
春の北陸路を行く普通電車
特急街道を行く「雷鳥」
朝日を受けて快走する「能登」
水鏡に反射する「能登」
長編成の「しらさぎ」
田園地帯を行く「北陸」
水田に映されて
朝の北陸本線を行く「日本海4号」
朝日に照らされて
さよならヘッドマーク
柏駅に進入する103系さよなら列車
柏駅に到着する特別快速電車
我孫子駅に停車中のさよなら電車
下河原の小路
石堀小路にて
下河原界隈
遅咲きの梅と
鎮座するC61
砂、出すよーっ!
いざステージへ
両雄の並び
漆黒のD52
注目の確認
スモーク湧き上がる
お口アーンして
桜とスチーム号
ホームを後にするスチーム号
軽快に過ぎ去るグリーンムーバーMAX
グリーンムーバー近影
駅前のカーブを切るグリーンムーバー
幹線道路を横切る1900形
広島駅を後にするぐりーんらいなー
尾道市街を行く普通電車
町をすり抜けて
色とりどり
花街道を行く
桜の谷を渡る
神田川を渡る快速電車
スノーシェルターをくぐる200形
試運転中のモ770
福井駅前の単線区間に進入する80形
往来中
ヒゲ線に進入する300形
Crossing
雨上がりの商店街を行く300形
幸橋を渡り終える300形
車道区間へ躍り出る600形
石畳の線路を行く
急カーブの仮説橋を行く200形
ゆっくりと幸橋へ進入する80形
あべこべな踏切を通過する80形
仮説橋の急カーブを曲がる80形
幸橋北詰の急カーブを行く200形
急カーブを曲がる300形
疾走DD51「出雲」
御来屋駅を通過する「出雲」
五十猛の海岸を行くスーパーおき
穏やかな日本海をバックに
国鉄型同士の語らい
雄大なカーブを行く出雲
熱気と静粛の餘部を渡る出雲
落陽とやくも
夕暮れの斐伊川を渡る出雲
余子駅に進入する普通列車
純白の雪原を行く普通列車
雪煙を巻き上げて
猛スピードでやってきた快速「銀河」
釧北峠を目指す普通列車
寂しい山峡を進むCR70
板張りのホーム
キハ54近影
輝くヘッドライト
北を目指すスーパー宗谷1号
雪晴れの中を行くDE15
雪煙を巻き上げて通過するDE15
霞む利尻富士を横切るラッセル列車
利尻富士とラッセッル車
利尻富士とスーパー宗谷
稚内に停車中の利尻
静かに発車を待つ利尻
北星に到着する普通列車
ウイング全開!ラッセル列車
サミットを目指して
鳥羽中のカーブを行く200形
日野川へのアプローチを行く80形
雪解けの平野部を行く200形
古い家並みの間を
武生新で佇む120形
福井駅前商店街を行く300形
発車を待つ80形
神岡大橋とおくひだ1号
ゆるやかに登ってきたおくひだ1号
高原川を渡るおくひだ1号
城川原でならんだ国鉄色
ヨットハーバーの脇を通る普通電車
富山駅に停車中の475系国鉄色
急坂を駆け上がる普通列車
あかね色の空をバックに
たそがれの上州路を行く5000系
釣掛サウンド高らかに
桐生線で最後の活躍をする5000系
阿左美のカーブを行く普通列車
築堤を快走する1800系
狸塚のカーブを行く1800系
小泉線を行く5000系
残照を受けて
高崎線を行くK40編成
籠原へ回送されるS3編成
EF65が先頭の「ゆとり」
西日を受けて
谷塚のカーブを行く30000系
伊勢崎線を行く東急8500系
昼下がりの高架線を行く準急電車
直線区間を快走する08系
梅島を通過するスペーシア
闇夜を突いて
夕暮れの湖畔を行くSL冬の湿原号
シラルトロ湖の夕日
黄葉山に別れを告げて
直線区間を力走するSL冬の湿原号
山間にジョイントを響かせて
陸別を目指す普通列車
凍結した利別川を渡る
木漏れ日を浴びながら
牧場の脇をかすめる銀河線
凍てつく朝
日の落ちた湿原を横切る「SL冬の湿原号」
不釣り合いな編成の「SL冬の湿原号」
C11重連が行く
快走「SL冬の湿原号」
川湯温泉を発車した「SL冬の湿原号」
厳冬の湿原を行く「SL冬の湿原号」
ブルーに包まれる
波打つ雪原を行く
初春のやわらかい陽射しをうけて
山間の道を行く普通列車
雪煙をあげて走り去るCR70
本巣駅に佇む客車列車
揖斐川沿いを走るハイモ180
重連&フル編成!
犀川の鉄橋を渡るハイモ180
迫力のDD51
上溝口信号所を通過するスーパーやくも
陽光を受けて
陽光を受けて南下する貨物列車
銀世界に映えるDD51とゆうゆうサロン岡山
「ゆうゆうサロン岡山」バックショット
白銀に咲く花
短い編成の「やくも」
白銀の中を行く「スーパーやくも」
遅れてやってきた「サンライズ出雲」
雪原をターンする「スーパーやくも」
白銀の中の共演
展望席はいつも人気
複々線区間を行く急行電車
3000系ほか10連の快速急行
千代田線から直通の多摩急行
高架直線区間を快走するEXE「さがみ」
箱根湯本行き急行電車
初春の陽光を受けて

<< 前 | トップページ | 次 >>

雪煙を巻き上げて通過するDE15

雪煙を巻き上げて通過するDE15

宗谷本線 南下沼〜下沼

2006/02/25

 国道の陸橋の上からの撮影です。
 手軽にウィング全快写真を撮ろうとすると、踏切近くよりも陸橋の上からが無難です。
 踏切は踏み切り板がある関係でアイスカッターは出せませんし、踏切脇で待つ人に雪は掛けられませんから、通過する手前で除雪をやめてしまうからです。
 陸橋ならその辺の心配は要りませんし、構図位置的に足回りが雪壁に掛けれる事もありません。

 撮影地の地図はこちら

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度: 640 x 480
カメラメーカー: Panasonic
カメラ型番: DMC-FZ30
レンズ絞り値: f/6.3
ISO感度: 80
焦点距離: 22mm
フラッシュ使用: Flash did not fire, compulsory flash mode
シャッタースピード: 1/640s
計測モード: Pattern
露光プログラム: Manual

固定リンク