ssrweb.cocolog-nifty.com > § Photo Gallery 2014 07月~09月

 2014年7月〜9月までのNikon D300、Sony NEX-5Rで撮影したものになります。
一部の画像には、撮影地の地図・ガイドのリンクも載せております。
ブログのページには撮影地ガイドを地域・路線ごとにまとめたエントリーがありますので、ご活用ください。
アルバムはこの他に§ Photo Gallery 2004@FZ10§ Photo Gallery 2005@FZ10&FZ20§ Photo Gallery 2005@FZ30§ Photo Gallery 2006@FZ30 1月〜6月 § Photo Gallery 2006@FZ30 7月〜12月 § Photo Gallery 2006@D200§ Photo Gallery 2007@D200 1月〜6月§ Photo Gallery 2007@D200 7月~12月§ Photo Gallery 2008@D200&300 1月〜6月§ Photo Gallery 2008@D300 7月〜12月§ Photo Gallery 2009@D300 1月〜6月まだまだポジあの頃はポジ、があります。
感想や質問は掲示板までお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

築堤を駆け上がる「はくたか」

築堤を駆け上がる「はくたか」

北越急行ほくほく線 魚沼丘陵〜六日町  2014年9月23日 (火)

 六日町を発車した列車は、大きく左へ弧を描きながら築堤を登っていきます。
 沿線はコシヒカリの名産地。
 水田と秋の空を入れての構図です。編成が長いと高圧線と鉄塔が入ってしまうのが少し残念ではあります。
 この場所へは、魚沼丘陵駅から徒歩5分くらいの距離です。冬場は除雪されていませんので、スノーシューなどの装備が必要です。
 車の場合、近くのガード下付近に2台分くらいの駐車スペースがあります。

 光線は、下り列車に対しては夕方が、上り列車に対してはお昼前後が順光です。
 レンズは、50〜135ミリくらいの中望遠レンズがよいでしょう。

 撮影地の地図はこちら


高規格路線をかっ飛ばす「はくたか」

高規格路線をかっ飛ばす「はくたか」

北越急行ほくほく線 くびき〜大池いこいの森  2014年9月23日 (火)

 頭上の蜂の羽音に気をつけながら上り「はくたか」を撮影。
 午後は比較的光線が良いのですが、晴れると編成は森の蔭に入ってしまうので、曇の日が良かったりもします。

 撮影地の地図はこちら


木漏れ日の中を行く「はくたか」

木漏れ日の中を行く「はくたか」

北越急行ほくほく線 くびき〜大池いこいの森  2014年9月23日 (火)

 この場所は、489系の臨時「はくたか」を撮影して以来10年ぶりの再訪でした。
 人気のない線路際の道は草木に覆われるているかと思っていたらそんなことはなく、撮影しやすい状態です。
 この場所へは、大池いこいの森駅から徒歩で20分ほどの距離です。道はしっかりありますが、冬場の除雪は望み薄なので夏場のみの場所と考えてください。
 車の場合、線路東側の農道から線路へ向かって延びる小道があり、そこへ駐車ができます。
 光線は、お昼頃の下り列車に対して順光です。午後になると直ぐに作例のように森の影に入ってしまいます。
 レンズは、200ミリくらいの望遠レンズがよいでしょう。

 撮影地の地図はこちら


ひこうき雲との並走

ひこうき雲との並走

北越急行ほくほく線 犀潟〜くびき  2014年9月23日 (火)

 「はくたか」を待っていたら空に一筋の雲が。上手く線路と平行するように描かれていたので、カメラを少し上に振ってみました。
 この区間は障害物が殆ど無く、すっきりとした編成写真が撮れるので気に入っています。
 この場所へは、くびき駅から徒歩で約20分ほどの距離です。
 車の場合、農道の路肩へ駐車できますが、農作業の邪魔にならないよう注意が必要です。

 光線は、下り列車に対してはお昼ころが順光です。上り列車に対しては、午後からが順光になります。
 レンズは特に制約はなく、編成長に合わせて自由にセレクトできます。

 撮影地の地図はこちら


みのりの頃

みのりの頃

北越急行ほくほく線 犀潟〜くびき  2014年9月23日 (火)

 収穫を迎えた水田を入れて下り「はくたか」を撮影しました。清々しい1枚になったと思います。
 この場所へは、くびき駅から徒歩で5分くらいの距離です。
 車の場合、農道の路肩に止める以外駐車スペースがありませんが、くれぐれも農作業の邪魔にならないよう注意が必要です。

 光線は、午前中の下り列車に対して順光です。
 レンズは、50ミリ前後の標準系がよいでしょう。

 撮影地の地図はこちら


谷浜駅を後にする「はくたか」

谷浜駅を後にする「はくたか」

北陸本線 有間川〜谷浜  2014年9月23日 (火)

 線路沿いの市道からの撮影です。
 程よいカーブで露出が厳しい時には助かりそうです。
 この場所へは、谷浜駅から徒歩で5分くらいの距離です。
 車の場合、市道の路肩に駐車するしかありませんが、近くは水田があり農作業の邪魔にならないよう配慮が必要です。

 光線は、夕方の上り列車に対して順光です。
 レンズは、300ミリ以上の超望遠レンズが必要となります。 

 撮影地の地図はこちら


日本海を背に進む「はくたか」

日本海を背に進む「はくたか」

北陸本線 有間川〜谷浜  2014年9月23日 (火)

 日本海沿いを走る北陸本線ですが、実際に日本海を入れての撮影地はあまり多くはありません。
 ここは谷浜駅からほど近い山道の途中からの撮影になります。
 電線の処理に気を使う必要があり、ミラーレス一眼では作画に苦労するかもしれません。
 この場所へは谷浜駅から徒歩で7分ほどの距離です。
 車の場合、線路沿いの市道の路肩へ停める以外駐車スペースはありません。

 光線は、午前中の下り列車に対して順光です。
 レンズは、135ミリくらいの中望遠レンズがよいでしょう。

 撮影地の地図はこちら


直球勝負

直球勝負

北陸本線 西入善〜入善  2014年9月23日 (火)

 「はくたか」に続いて「北越2号」を撮影しました。
 50ミリで秋の青空を大きく入れて、癖のないきれいな編成写真となりました。

 撮影地の地図はこちら


朝日を受けて走る「はくたか」

朝日を受けて走る「はくたか」

北陸本線 西入善〜入善  2014年9月23日 (火)

 特に期待はせずに地図を見た時の勘だけで訪れました。
 光線はいいだろうと予想はしていましたが、タイガーロープがなかったのは予想外でした。
 長編成の貨物列車だけでなく、短い普通列車でも問題なく対処できます。
 この場所は、両駅の中間付近の踏切脇で、どちらからも徒歩では30分くらいの距離です。
 車の場合、線路沿いの路肩に駐車する以外スペースはなく、通行の妨げにならないよう注意が必要です。

 光線は、午前中の下り列車に対して順光です。
 レンズは、特に制約はなく、50ミリ〜300ミリまで幅広く対応できます。

 撮影地の地図はこちら