2019.07.23

相見積は大事… 〜

module_img12

 こんばんわ。
 ご無沙汰しております。
 この1、2年子育てや仕事に追われて更新がおろそかになっていました。
 暫く触っていいないうちにココログがリニューアルしていて、マイフォトが激しく使えない状況になってしまって驚いています。
 タイトルが表示されないとか、撮影地や撮影データが表示されないなど引っ越しを考えたくなるくらいの改悪です。
 メンテナンス画面ではタイトルだけは辛うじて保持していましたが、撮影データや撮影地の欄はごっそりと消えていて…。
 早いところ元の状態にしてほしいですね。
 秋までに戻らないようなら対策を考えたいと思います。


 愚痴はここまでとして、前回の続きからといたしましょう。


 そのような訳で、今回も太陽光パネルについて、続きを書いて見たいと思います。
 前回はパネルメーカーを絞るところまででした。
 メーカーを絞ったら販売業者へ見積もりを依頼します。1社ずつ当たっていくのは大変なので、ネットの一括見積もりサイトを利用して必要な情報を送ります。
 すると2、3日の間に見積もりや訪問調査の依頼がひっきりなしに来るわ来るわで、内容の整理や日程調整が大変でした。
家の屋根は瓦葺きなので、レイアウト以前にパネル自体の設置が可能なのか非常に気になります。
訪問調査で可否がわかれば安心して検討ができるので、
パネルのレイアウトについては、シミュレーションしていた内容に近しく、概ねパナソニックは5.5kw〜6kw、ソーラーフロンティアは3.4kw〜3.74kwでした。
金額についてはレイアウトより幅があり、工事費を含めたトータルの金額は175万円〜200万円となっていました。
パネルの出力から得られる電力と売電額は決まっているので、導入コストをいかに抑えるかが重要です。
少なくとも固定買取期間の10年間で元がとれるようにしないと、その先の売電金額が定まっていないので計算が立てられず、うかうかしているとパワコンの更新時期を迎えてしまいます。
できれば自家消費で節約した電気代を除き、売電だけでローンを賄えるのが理想です。
生憎、最も安い見積もりでもボーダーラインに達することはできず、交渉をしても値下げの余地が無いと言われ、導入は断年するか迷いました。
それでも気持ちは導入に向けて舵を切っているので、諦めるわけにはいきません。


 


 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.10

太陽光発電の検討

img_compatibility_02

 こんばんは。
 秋の夜長に太陽のことを考えながらの更新です。
 太陽は太陽でも、お天道様そのものではなく、太陽光発電システムについてです。
 次女が生まれる前後から、慌ただしい生活の中にも何か楽しみを見出そうと、夜な夜な調べては導入を検討していました。
 近所の家の屋根を見てみると、太陽光パネルが新しい家ほど設置している事に気付き、地方では空いている土地に野立ての太陽光パネルを目にする機会が増えてきたので、気にはなっていたのです。
 数年前は、導入に高級車並みの費用が掛かっていたっことから、あまり見向きもしていませんでしたが、今年に入ってふと調べて見たら、軽自動車並みにこなれてきているではありませんか!
 昨年一戸建てを購入し、折角屋根がある訳なので、設置する価値は大いにありそう、と思うようになりました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.20

次女誕生で久々の更新

こんばんは。
ご無沙汰しております。
今年の5月に次女が生まれ、結構バタバタしておりました。
一人目とは違う慌ただしさせで、妻が次女にかかりきりになる分、長女の面倒を私が見たり家事の分担が増えたりと休日は朝から休む暇などありません。
それでも生後3ヶ月が経ち、お食い初めも終わってやっと落ち着いてきました。
さすがに撮影再開は難しいですが、身近な話題から少しづつ書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.18

戸建ての我が家にも宅配ボックスを

 こんばんわ。
 昨年くらいから宅配業者の窮状を伝える報道が増えていますね。
 私もそうですが、アマゾンなどのネット通販を利用する人が増え、配達量が多くなったにも関わらず、人手不足でドライバーに相当な負担がかかっているそうです。
 マンションに住んでいた頃は宅配ボックスがありましたので、再配達を頼まなくても楽に受け取ることが出来ました。
 昨年一戸建ての家を買ったときに、宅配の受取が不便になってしまうことを危惧しておりました。
 宅配ボックス=マンションに置くものという固定概念があったので最初は諦めていたのですが、門柱と郵便受けを何にするかカタログを見ながら検討していると、戸建住宅用の宅配ボックスなるものがあるではありませんか。
 幅広の門柱ですと、足の間に置けるのでスマートな設置ができるので、迷わず決めてしまいました。
 門柱の足にボルトで固定したので、一体感があり、荷物の取り出しがしやすいよう10cmほど浮かせています。
 構造もシンプルで、電源の必要もありません。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

583系の終焉

583_02
夜の街、新宿に現れる583系

 こんばんわ。
 東京はこの週末、桜の満開を迎えていますが、天気は冴えないですね。
 東北へ行けば来週まだチャンスはあるものの、子供がまだ小さいこともあり、今年の撮影はパスとなりました。

 さて、半世紀近く活躍してきた583系がとうとう引退を迎えてしまいました。
 秋田に残っていた1編成が今日の展示会を以て、さよならとなります。

 思い返せば、多い年は3ヶ月に一回は撮っていた時もあるほど、思い入れが強く、色んな角度から撮っていた車両でした。
 今回のラストランも当然行きたかったのですが、家庭の事情で止む無く断念しました。
 仕方がないので過去の写真を見返していると、まだ未発表の画像が見つかりしたので紹介します。

 この写真は、今回引退する編成が仙台にいたときのもので、団体列車「ゲレンデ蔵王」の送り込み回送のものです。
 普通に駅撮りしてもつまらないので、新宿のネオンの灯りを使いながら大ガード近辺で撮ったものになります。
 他にも未公開のものがあれば、この際なのでアップしておきたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.19

485系の終焉

485_38

 こんばんわ。
 ご無沙汰しております。
 2017年に入ってこれが初の更新となります。
 なかなか旅行どころか撮影に出かける余裕もなく、気付いたら3月の下旬になろうとしています。

 新潟の485系3000番台がいよいよラストランを迎えようとしていますね。
 時間があれば行きたかったのですが、家庭優先になってしまったので過去の画像データを見返すのが精一杯です。
 583系の引退も来月に迫っていますし、国鉄型の終焉は直ぐ目の前まで迫っている感じですね。
 ジョイフルトレインの485系はまだ残りますが、車体はまだ新しくてもメンテナンスを考えると、そう先は長くないでしょうね。

 正直、JR発足から30年の節目まで残っているとは思っていませんでした。
 21世紀になる頃には殆ど消えているのではないか、と当時は思っていたりしましたが、頑丈な作りと汎用性の高さが、引退を後ろへ後ろへ引き延ばしているのでしょう。

 撮影される方も乗車される方も、行かれる人は最後の勇姿を目に耳に焼き付けてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

帰省は新旧の列車旅

183_01
函館駅で発車を待つ「北斗13号」。乗り換え拠点が新函館北斗に移り、ホームの人の数はまばら

 こんにちは。
 久々の更新が年内最後となりました。
 今年もあまり記事をお届け出来なく申し訳ありません。
 留萌本線の撮影地ガイドも書きかけで終わってしまったのが心残りです。
 写真だけはアップしていたので、正月休み中に書ければと考えています。

 今年も年末年始は札幌に来ています。
 今回は今年、北海道新幹線が開業したので、折角ですから往路は新幹線を使って行くことにしました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

撮影は高台から岸壁まで 〜留萠本線、最後の夏 その2〜

54_05
波穏やかな増毛漁港脇を行く普通列車

 こんばんわ。
 秋の夜長にせっせと更新しております。
 すっかり気候も涼しくなり、ここに来て夏の疲れがどっと出るようになりました。先日も急に熱が出て丸一日寝込んでしまいました。
 以前はこんなことはまずなかったので、自分でも少し驚いてしまいました。色々と環境が変わったせいでしょうか?
 お金と時間があったら、一人で温泉に浸かりながら二三日ゴロゴロしていたいです。

 さて、今回は前回エントリの続きです。
 留萌本線の増毛まで乗り通した後、留萌まで戻ってきた所で途中下車し、レンタカーで廃止区間を中心とした撮影に入ります。
 午後からなので、撮影対象は僅かに3本のみ。
 事前にリサーチしてポイントを絞り込んだ上で臨みます。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.12

最果ての増毛へ 〜留萠本線、最後の夏 その1〜

54_105
増毛駅にて発車を待つ4930D。最果ての駅も週末になると賑わいが増す

 こんばんわ。
 最近更新していないなと感じて、気付いたら9月に…。
 家も買って子供がいると休日はなかなか他のことに手が回らなくなりました。
 芝生の草刈りは2週間に一度やらないとどんどん伸びてしまいますし、子供は子供で食べる量と時間が増えたので、思っていた以上に時間を取られています。
 そんな訳で依然としてあまり撮影に行ける機会は無いのですが、6月は立て続けに行っていました。
 例年のごとく北海道へも足を運んでいまして、今年は区間廃止を迎える留萌本線の増毛へ訪れていました。
 増毛はもちろん、留萠本線の旅自体も記憶をたどれば20年近い空白期間があり、記憶も薄れてきた頃でした。
 部分廃線という残念なきっかけがあって今回再訪となりましたが、乗るだけでなく撮影もしっかりと行います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.13

ELレトロ福島

Ef64_32_42_01
初夏の日差しを受けて北上する旧型客車編成

 こんにちは。
 このところ娘の夜泣きに悩まされて、寝不足気味です。…いや、確実に寝不足状態です。
 夜中と朝方の二回は確実に起こされるので、ぐっすり寝た気がしません。10時間くらい邪魔されず眠りたい…、ささやかな願望です。

 先日、久しぶりに撮影に出かけました。
 横浜から郡山へ向けて運転された「ELレトロ福島号」です。
 画像フォルダに放り込む時、前回撮影時のフォルダ日付を見てみたら、実に4ヶ月ぶりでした。
 カシオペアクルーズと掛け持ちしようかと考えましたが、忙しなくなりそうだったので、旧客一本に絞り込みです。
 早朝の国道4号線を宇都宮方面に向けて走らせました。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初夏の小湊鉄道といすみ鉄道