« 徹夜続きです・・・ | トップページ | またカウンターが・・・ »

2004.01.26

ラッセル列車を追って その1@1月12日

kiha54-1.jpg
吹雪の中を行キハ54普通列車
 今日の目的はズバリ、ラッセル列車。稚内~名寄まで日中に運転されるので、それを狙いに行きます。道内の除雪列車は夜間が殆どで、日中に運転されるのは宗谷本線のこれしかないのです。
 その撮影に当たって、旭川6時6分発の幌延行き普通列車で北に向かいます。
 土地勘や撮影地に関する情報が乏しいので、撮影に適した場所を見つける時間が欲しかったためです。
 ところで、ラッセル列車は雪がなければ動きません。沿線はかなりの雪が積もっていましたが、どれくらいの頻度で運転されるのか全く分からないので、結構ギャンブルな撮影です。
 幸いこのラッセル車両は名寄にねぐらがあり、朝の段階である程度判断ができるのです。
 それは、ラッセル車は夜中に稚内に向けて出動していれば必ずその日の日中に戻ってくるので、朝名寄にいなければ運転されるのはほぼ間違いないと見ていいでしょう。
 列車が名寄に到着すると留置線のいったいを見回し、ラッセル車がいないことを確認しました。どうやら運転されるようです。
 そうとなれば撮影地探しに熱が入ります。
 車窓に目を凝らし、適当な場所を見つけようとしましたが、なかなかありません。
 線路の両脇にある雪の壁越しから狙うには、高い位置からでないと難しく、さらに歩きの身としては駅から近くでないと厳しいのです。
 そういう条件で探しているうちに音威子府まで来ました。そろそろこの辺で見つけないと・・・、と思っていたら、音威子府の手前でおあつらえ向きの場所を発見。音威子府で下車しました。
 場所は、国道が線路をオーバーハングするところで、駅からは雪道で徒歩で15分くらいの距離です。
 ラッセル列車は音威子府12時40分着、13時50分初なので、それまではスーパー宗谷や普通列車を撮影してやり過ごします。
 天候は時折日が射すものの風が強く、雪も降るコンディション。跨線橋の上では安全な歩道がないことから、長居はできず、撮影の合間は駅で暖をとっていました。

|

« 徹夜続きです・・・ | トップページ | またカウンターが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/136100

この記事へのトラックバック一覧です: ラッセル列車を追って その1@1月12日:

« 徹夜続きです・・・ | トップページ | またカウンターが・・・ »