« 秩父のニューフェイス? | トップページ | 「ゆとり」他、信越・篠ノ井線の画像をアップ »

2007.12.11

からっ風の中の撮影 〜ゆとり in 両毛線〜

Ef65_yutori_01

 日曜日は両毛線へ出かけ、レインボー釜のEF65 1118が牽引する「ゆとり」を撮影してきました。
 主催者である武蔵工大鉄道研究会の創立50周年記念のヘッドマークもついて、前週の多客臨よりもイベント色の濃い内容でした。
 天気は文句のない晴れで、上州名物空っ風が身にしみるほどでした。

 一発目は駒形近くの直線区間で、順光の申し分のない条件の中オーソドックスな編成写真を1カット。
 青空と機関車の赤がまぶしい組み合わせでした。

 その後は桐生で、小休止中の「ゆとり」をじっくりと撮影し、自分もお昼の休憩を取ります。
 午後は山前付近で2回目の撮影に臨みました。
 後続の普通電車で追い越すことを想定しての場所を選んだのですが、バックに陸橋が出来てしまい手応えは今ひとつでした。

Ef65_yutori_04

 最後の撮影は、岩舟で「ゆとり」を追い越し、思川の直線にしました。
 結果として構図が一辺倒になってしまいましたが、普通列車だけの移動で撮影機会が停車中を含めて4回も恵まれたのは良かったですね。

 人出の方は、「お座敷ゆとり碓氷号」よりも多い感じで、思川の定番スポットには100人近くものファンが集結していました。

 残りの画像については準備ができ次第、順次公開していく予定ですが、今の所年明けになりそうな感じです。

 暮れも押し迫ってきましたが、撮影は来週も行く予定です。
 「ひばり」が運転されますけど、遠征までは今の所考えてはいません。
 多分近場でしょう。
 

|

« 秩父のニューフェイス? | トップページ | 「ゆとり」他、信越・篠ノ井線の画像をアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/17337082

この記事へのトラックバック一覧です: からっ風の中の撮影 〜ゆとり in 両毛線〜:

« 秩父のニューフェイス? | トップページ | 「ゆとり」他、信越・篠ノ井線の画像をアップ »