« 今年初の本格撮影へ | トップページ | 成田線・信越本線の撮影地ガイド追加 »

2009.01.15

EF55碓氷号と吾妻線の旅

Ef55_12_11
安中〜磯部を行く「EF55碓氷号」

 12日は前回のエントリーでも触れていました通り、「EF55碓氷号」の撮影に行っておりました。
 始発の湘南新宿ラインで、これまでと同じパターンで現地入りしました。
 信越本線での場合、上越線の時とは違って片道運転で、かつ途中駅の長時間停車もないことから、一発勝負の撮影となります。
 撮影地についてはやはり安中鉄橋がまず思い浮かびましたが、混雑が懸念されるので、同様の光線状態に近い安中~磯部の直線区間を選びました。
 駅から徒歩30分と遠い場所ではあったものの、すっきりとした編成写真を収められる場所です。
 撮影者は、農道にそって約50人強の放列が出来上がっています。
 一脚での撮影で臨んだ私は、若干三脚の間隔が空いているところに入れさせて貰い、場所を確保。
 10時50分過ぎ、甲高い汽笛の音と共に1灯のヘッドライトが見えてきました。
 天候は通過直前になって雲が切れ、太陽が射してきましたが、結局流れる雲に遮られ順光での撮影とはなりませんでした。
 腹が立つことに、通過してからみるみる回復・・・。
 あと5分回復が早ければなぁ・・・。


Dd51_12_01
「EF55碓氷号」の回送は、DD51が先頭に

 この後は横川へ向かい、上りの回送列車を撮影します。
 横川には転車台、機回し線もないため、客車列車は下り高崎発車の段階でプッシュプルの状態となっています。
 しんがりから先頭に立ったのはDD51 847。ヘッドマークは無く、昔よく見られていた客車列車を彷彿とさせてくれます。
 場所は、横川手前のカーブで待ち構えました。
 ここで痛いミスを犯してしまいました。
 最後尾のEF55が尻切れになってしまったのです。
 さらに当初構えていた構図内収まらないと見るや、ズームを調整したため、ピントが甘くなってしまいました。
 8輌編成になると、できるだけ引きつけないとダメなんですね。

Kamameshi
横川名物「峠の釜飯」で昼食。作り立てほやほやで暖かかった

 回送列車を見送ると、今日の撮影は終了。
 時計はまだお昼を回った辺りです。
 このまま家に帰るにはちょっと勿体ない。
 鉄道文化村はちょっと人が多そうだし、歩き疲れていたので温泉に浸かりたい気分でした。
 磯部温泉が手軽でしたが、せっかくの18きっぷを使用しているので、乗り潰しを兼ねて吾妻線の川原湯温泉を目指すことにしました。

115_01
川原湯温泉で並ぶ115系

 川原湯温泉は、八ツ場ダムの建設により湖底に沈んでしまう悲運の温泉地です。
 行ってみると、古びた旅館などが建ち並ぶ昔ながらの温泉地という感じです。
 どこも数年後には無くなってしまうからなのでしょう、新しそうな建物は見当たりません。
 お風呂は温泉街入口にある、共同浴場に入りました。
 湯船は小さいものの、露天風呂があったのでそちらにしました。
 源泉掛け流しで、色はやや白濁がかった透明、硫黄のにおいが少しします。
 10分も入れば体の芯までポカポカ。

Kawarayu
共同浴場「王湯」で一浴び

Kawarau_02
「王湯」の露天風呂

 駅まで歩いて戻り、上り列車ではなく、下り大前行きに乗りました。
 これで吾妻線全線走破です。
 終点の大前は、直前まで雪が降っていたのでしょう。
 ホーム全体が新雪に覆われていました。
 足跡一つもありません。
 靴はスニーカーでしたが、駅の様子を撮るために少しだけ外に出てみることに。
 片面のホームだけの質素な無人駅は、ローカル線の終点にはぴったりの佇まいで、駅周辺も閑散としています。
 ざっと辺りを見回しても、営業しているお店などは見当たりません。
 日も暮れて、寂しさを感じるほどです。
 折り返しの電車にそのまま乗り、帰路に就いたのでした。

Oomae_107_01
大前に佇む普通電車

|

« 今年初の本格撮影へ | トップページ | 成田線・信越本線の撮影地ガイド追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/43737270

この記事へのトラックバック一覧です: EF55碓氷号と吾妻線の旅:

» 18きっぷで松本旅3 [青春18切符部 - サイトニュース]
写真1枚目:駅でお土産購入☆写真2、3枚目:帰りの車窓。中央本線は車窓も楽しめます 動画:中央本線車窓。 [[YT:6P7wo2IwQhY]] [続きを読む]

受信: 2009.01.15 21:28

« 今年初の本格撮影へ | トップページ | 成田線・信越本線の撮影地ガイド追加 »