« 夏の富良野線の画像をアルバムへ追加 | トップページ | ミニブルートレイン「ドラゴンレール号」 »

2009.07.19

さよなら「四季彩」を追って

201_31
軍畑の鉄橋を渡る「四季彩」

 今日は朝から青梅線に出掛け、明日でラストランとなる「四季彩」編成を撮って来ました。
 四季彩は、これまで何回か撮っていましたが、さよならのヘッドマークが付いているということなので、記念にはなるだろうと足を運んだ次第です。
 乗車の方は、今回は団体貸切になっているため、お名残乗車はできませんでした。

189_02
中央線を走る「はちおうじ日光号」

 撮影の序盤は、青梅線へ向かう途中、西荻窪で途中下車して臨時の「はちおうじ日光号」を撮影しました。
 派手な色調のボディとは違って、「日光」と文字だけの地味なヘッドマークは、中央線では珍客に属する列車です。
 危うく緩行線や下りの快速列車に被られそうになりましたが、ぎりぎりセーフ。
 直前には201系の特別快速も収められましたし、幸先の良い出だしです。

 「四季彩」の一発目のポイントは、無難に軍畑の鉄橋にしました。
 週末は定期的に走っていた場所ですし、さよならヘッドマークは今月の初めから付いているので、人はそれほどでもないだろう、と高をくくっていたら全然違いました。
 5年前の「青梅線60周年記念号」(DD51&DE10プッシュプル+12系)が運転された時と同じくらいの混雑でした。
 通過の1時間程前に到着しましたが、三脚を置けるようなスペースはなく、僅かな隙間を見つけて一脚撮影で臨みました。


201_32
白丸手前のトンネルを抜ける「四季彩」

 通過後は、後続の普通電車で白丸駅へ。
 古里で「四季彩」を追い越すので、追っかけができるのです。
 撮影後はそのまま奥多摩まで行って、停車中の「四季彩」を撮り、さらには昼食を摂ります。


201_34
レジャー客で賑わう多摩川を横目に「四季彩」が通り過ぎる

 復路の撮影は、御嶽〜川井の多摩川の河原で、夏の青梅線らしい風景を切り取ってみました。
 移動時間がタイトで、小走りで移動しましたので、汗びっしょりになりましたけど・・・。
 その後は、往路の時と同じく、後続の普通電車で追いかけ、日野まで移動しました。
 立川で乗客を降ろし、豊田まで回送となるところをもう一度撮る訳ですが、どういう訳か一駅手前の日野で1時間以上の停車を行うのです。
 長時間停車を行うにしても、日野駅のホームは待避線がありませんので、豊田寄りに離れた中線で待機するのです。
 幸い線路沿いの道から撮影する事ができますので、格好の撮影タイムです。

201_35
「四季彩」の横をオレンジ色の快速電車がすり抜ける。明日のラストランでは見られるのか?

 運転士が気を利かして、この停車中に色んな幕を出してくれれば、期待していたのですが、終始「回送」の表示のまま。
 唯一の収穫は、201系の快速電車との並びが撮れた事でしょうか。
 最後は豊田へ先回りし、駅手前のカーブで終了となりました。

 明日はいよいよラストランですね。
 せっかく改造したのですから、青梅線の顔としてもう少し頑張って欲しかったです。
 さて、明日は東北へ移動し、24系寝台車による大船渡線の「ドラゴンレール号」を撮ってきます。
 全く土地勘のない路線なので、一夜漬けで情報を収集して向かいます。
 果たしてどんな写真が撮れるのやら・・・。

|

« 夏の富良野線の画像をアルバムへ追加 | トップページ | ミニブルートレイン「ドラゴンレール号」 »

コメント

いつも楽しんで見ております。
私も18日と19日の二日間で「四季彩」を撮りに行ってきました。
18日は車掌さんが気を利かしてくれたのか、幕が「快速 奥多摩」・「快速 立川」になってました。

私は青梅~宮ノ平間の踏切と日向和田~石神前間の跨線橋から撮りましたが、人が集まるスピードは予想外に遅かったです。
これだったら曇っていたこともあり軍畑の鉄橋からも狙えばよかったかもしれません。

投稿: お茶漬け | 2009.07.21 10:40

お茶漬けさん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
18日は空いていたようで、方向幕のサービスあったんですね。天気が悪かったので、この点では19日にしたのは失敗でした。


投稿: § | 2009.07.21 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/45678053

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら「四季彩」を追って:

« 夏の富良野線の画像をアルバムへ追加 | トップページ | ミニブルートレイン「ドラゴンレール号」 »