« 東海道線全通120周年記念列車 | トップページ | 高島・武蔵野貨物線を乗り潰し 〜ポートトレイン横濱 車窓編〜 »

2009.07.06

高島・武蔵野貨物線を乗り潰し 〜ポートトレイン横濱 車内編〜

485_02
鎌倉駅に進入する「ポートトレイン横濱号」

 予定よりも長くなってしまいました。
 前回エントリの続きです。
 一日撮影を楽しんだ後は、鎌倉へ向かい、「ポートトレイン横濱号」に乗り込みます。
 長野のジョイフルトレイン「いろどり」を使用した列車で、豪華で凝った内装も魅力的ですが、今回態々乗る事にしたのは、その走行経路です。
 列車は鎌倉を出発して甲府へ向かうのですが、大船〜根岸線〜桜木町〜高島貨物線〜新鶴見〜武蔵野貨物線〜府中本町〜立川、と辿って行くのです。
 特に高島貨物線は、普段は旅客列車が走らない路線です。以前、この区間を走る事をウリにしたツアー列車が即時満席となるほど、曰く付きの路線です。
 そのような区間を走る列車、満席を覚悟してマルスを叩いてもらったところ、前日にも関わらずあっさり窓側をゲットできてしまいました。

Irodori_06
 乗り込んだのは、コンパートメント席でした。
 B寝台車のような長手のソファ席を向かい合わせにした構造です。
 ソファを前に引き出せば、ベッドのような状態にする事も可能です。グリーン料金を支払っていると、引き出してくつろぎたくなりますね。他人同士が居合するとやりづらいですが・・・。
 鎌倉を発車して程なく大船に到着。
 大船駅手前では根岸線への連絡線、カーブの一番内側の線路へ入り、根岸線ホームに滑り込みました。この線路、高島貨物線同様に普段は乗る事も無い線路なので貴重な経験でした。地味なので判りづらいですけど。
 
 根岸線内は、石川町までノンストップです。
 時折先行列車に突っかかってノロノロと走る事もありましたが、70km/hくらいで流しながら進みます。
 ホームで待つ乗客達は、突然の珍客に皆驚きの視線を向けます。
 普段はステンレス製の通勤電車か、タンクの貨物列車だけですから、見慣れない豪華な内装の電車は注目の的です。
 ちょっとした優越感に浸ったところで、車内見学を開始します。
 

「いろどり」のコンパートメント席を倒した状態。
大人一人が横になれる


Irodori_08 Irodori_07

3号車のマッサージチェア(左)と4号車ラウンジカー(右)

 まずは、3号車のマッサージチェアをチェック。
 4席分のスペースを潰してドーンと1台鎮座しています。
 常に利用者がいる状態で試せませんでしたが、長距離移動でもこれなら快適に過ごせそうですね。
 次はお隣の4号車ラウンジカー。
 グループ客を中心に賑わっていました。
 団体列車ではないので、カラオケの設備は使用停止になっていましたけど、宴会をするなら最高の場所ですね。


Irodori_10

6号車グリーン席の様子。1号車も同様の構造

 5号車はコンパートメント席なので飛ばして、先頭の6号車へ。
 こちらは、3列シートが並ぶ座席車で、先頭の1区画のみソファが置かれています。
 ソファの先にある壁にはプラズマディスプレイが掛けられていて、運転台からの映像が流されていました。
 座席は普通のグリーン車の座席とあまり変わりませんが、ヘッドレストが低く、試しに座ってみるとソファ席まで見通せるようになっていました。
 団体客向けの車輌だからなのでしょうか。 

 ・・・またまた話が長くなって来たので、一旦切ります。
 次は車窓編という事で別エントリといたします。

|

« 東海道線全通120周年記念列車 | トップページ | 高島・武蔵野貨物線を乗り潰し 〜ポートトレイン横濱 車窓編〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/45556036

この記事へのトラックバック一覧です: 高島・武蔵野貨物線を乗り潰し 〜ポートトレイン横濱 車内編〜:

« 東海道線全通120周年記念列車 | トップページ | 高島・武蔵野貨物線を乗り潰し 〜ポートトレイン横濱 車窓編〜 »