« 尾久車両センター鉄道フェスティバル その2 ~客車・気動車・電車編~ | トップページ | 「磐西・只見ぐるり一周号」関連、磐西・只見・上越線の撮影地ガイドを追加 »

2009.11.18

江ノ電訪問とタンコロ祭り

108_01
極楽寺検車区に佇む"タンコロ"こと100形108号車

 こんばんわ。
 先日の日曜日は天気が良かったので、江ノ電をぶらついてきました。
 ちょうどこの日は、極楽寺の検車区にてタンコロ祭りが開かれ、一般公開がされていたのでこちらも覗いてきました。
 江ノ電を訪れるのは久しぶりですが、相変わらず路線・車両共にバラエティ豊かで、小さな私鉄なのに乗っても撮っても実に楽しい路線です。
 アクセスは、新宿から小田急経由で藤沢に入りました。
 藤沢からは、直接タンコロ祭りの極楽寺へは向かわず、湘南海岸公園で途中下車。周辺で4、5本撮影します。家並みの間をすり抜けるようにして走る姿は、地方私鉄ぽさが感じられます。最近は、新しいマンションが建ったりして、以前と少し様子が変わってきました。
 

300_03
タンコロの隣には300形も展示され、車内が開放されていた

 途中下車はさらに続きます。鎌倉高校前でも降りて、こちらも4、5本撮影しておりました。
 ここは、好天を見方に踏切越しに海をバックにしたおなじみの構図や、江ノ島をバックにしたこれもまた定番のアングルで楽しみました。


500_01
江ノ電と言えば、湘南の海と電車。おなじみのポイントで500形を撮る


20_01
江ノ島をバックに鎌倉高校前を後にする20形電車。渋滞する国道135号を横目に軽快に走りすぎて行った

 極楽寺に着いた時は、13時を既に回っていました。
 一般公開は14時まで(実際は15時まで。勘違いしていました)なので、すこし急ぎ気味に会場へ向かいます。
 しかし、検車区の敷地は、JRの車両基地や工場に比べたら猫の額程度の広さしかありません。
 展示車両はタンコロと300形だけでしたので、15分もあれば十分見て回れます。
 人出は、展示車両が少ないにも関わらず多かったですね。
 車両の周りに人が常に群がっている状態で、満足な写真は撮れませんでした。
 家族連れは鎌倉や江ノ島などとセットで来ているのでしょうね。
 帰り際、倉庫に眠っていた古い記念乗車券を買って出ました。3種類で100円はなかなか良心的な価格です。


1100_02
サンセットビーチを背に鎌倉行きの電車がカーブへ切り込む

 極楽寺検車区を後にすると、長谷よりのトンネル出口で1本撮影し、一度鎌倉まで出ました。
 ロケハンと遅い昼食を兼ねてだったのですが、混雑が激しくて窓の外を眺めるどころではありません。
 全列車4輌編成で全部の交換施設を使い、ほぼ終日12分ヘッドで輸送力を確保していますが、今の設備ではこれ以上の増発や増結は無理で、旺盛な需要を捌ききれていない感じですね。
 昼食後は、七里ケ浜周辺で日没まで撮影です。
 この辺りは写欲を掻立てる良い場所が多くて、時間が足りませんでした。あと1時間早起きしていればもっと楽しめたかもしれません。
 帰りは、片瀬江ノ島からロマンスカーで戻ってきました。

 

|

« 尾久車両センター鉄道フェスティバル その2 ~客車・気動車・電車編~ | トップページ | 「磐西・只見ぐるり一周号」関連、磐西・只見・上越線の撮影地ガイドを追加 »

コメント

こんばんは。
江ノ電はこういういい方はなんでようが、「風流」ですね。
湘南海岸バックに快走する写真を見ると、乗ってみたいなぁと思います。
湘南に入ったことがあるんですが、クルマだったもので、今度は乗ってみたいです(^o^)。

投稿: でこぽん | 2009.11.18 21:27

でこぽん様、こんばんわ。
休日や行楽シーズンは、江ノ島や鎌倉と言った観光地を抱えているので、朝のラッシュアワー並みの混雑です。なかなかのんびりと車窓を楽しむのは難しいかもしれませんね。
それでも藤沢から乗って、鎌倉高校前までの車窓の変化はなかなか楽しいですよ。

投稿: § | 2009.11.18 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/46787488

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電訪問とタンコロ祭り:

« 尾久車両センター鉄道フェスティバル その2 ~客車・気動車・電車編~ | トップページ | 「磐西・只見ぐるり一周号」関連、磐西・只見・上越線の撮影地ガイドを追加 »