« 深夜の長岡駅、「おもいでのつるぎ」他、信越本線の画像を追加 | トップページ | 磐越西線の画像をアップ »

2009.12.13

三色そろい踏み 〜1000形デビュー30th記念撮影会〜

1000_1200_1500_01
極楽寺検車区へ集う1000形

 こんばんわ。
 今日は前月に続いて、また江ノ電へ行ってきました。
 前回の訪問で江ノ電の佇まいの素晴らしさを再認識し、1000形デビュー30th記念撮影会も相まっての再訪問です。
 1000形デビュー30th記念撮影会は、1001編成をデビュー当時のカラーに戻し、1501編成のサンラインカラーや1502編成の嵐電カラーとの並びで行われました。
 今回は先月のタンコロ祭りとは異なり、撮影会と銘打っていますので、じっくりと撮影が楽しめるようスペースが区切られ、方向幕の変更やヘッドマークを取り替えも行われました。
 さらに来場者には、1000形ブルーリボン賞受賞した当時の記念乗車券の在庫をプレゼントし、なかなかのサービスでした。

5000_02
片瀬山付近を走る5000形

 今回江ノ電訪問に際しては、大船まではJR、大船からは湘南モノレールを使ってみました。
 江ノ電の車窓の変化を楽しむのも良いですが、アップダウンの激しい湘南モノレールの旅も一計です。前面カブリキをしていると、ジェットコースターに乗っているような感覚が味わえるのが面白いですね。


1000_04
ブルーリボン賞受賞記念ヘッドマークを掲げる1000形。28年前のものなので、造花の色は大分落ちてしまっている

 江ノ島からは直接極楽寺へ向かい、撮影会に参加してきました。
 元々狭い敷地に3編成を並べ、撮影し易いよう前のスペースを空けているので、撮影区画はかなり狭いものでした。
 折からの好天にも恵まれ、撮影時間もたっぷりありましたので、参加者の皆さんは和気あいあいと撮られていました。


300_04
路地裏の線路を300形がゆっくりと進む

 撮影会の後は、御霊神社周辺や腰越周辺、七里ケ浜周辺で江ノ電を撮っていました。
 駅間は短いので、一区間を歩きながらポイントを探し、撮影して次の駅へ、という感じで散策を楽しみました。
 先月の撮影では、車両中心の部分がありましたので、今回は「地元の生活に溶け込んだ風景」をテーマにしてみました。
 腰越周辺は特に生活感のある風景が固まっていて、路地裏のような区間や有名な商店街の中を進む光景等、日の長い季節でしたらもっと撮っていたい場所ですね。


20_05
LEDの電飾にライトアップされた鎌倉高校前駅

 最後は鎌倉高校前へ行きました。
 毎年冬になると行われる駅のライトアップの様子を撮影するためです。
 こういった演出があると、日が短くなってもうちょっと撮りたかった、という気分の時にいいですね。
 この撮影のために三脚を持ってこようか悩みましたが、感度をISO800まで上げれば一脚でもOKでした。
 狭い場所なので、一脚でスマートに撮るのが無難ですね。

 次回は、磐越西線の画像をアップいたします。
 今度の週末は、「ばんえつ物語号」のクリスマス運転がありますし、さらにその翌週はキハ58・52のさよなら運転もあるので、それに向けた撮影地ガイドを追加いたします。

|

« 深夜の長岡駅、「おもいでのつるぎ」他、信越本線の画像を追加 | トップページ | 磐越西線の画像をアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/47006982

この記事へのトラックバック一覧です: 三色そろい踏み 〜1000形デビュー30th記念撮影会〜:

« 深夜の長岡駅、「おもいでのつるぎ」他、信越本線の画像を追加 | トップページ | 磐越西線の画像をアップ »