« 短期集中連載 大糸線撮影地ガイドを始めました | トップページ | ハイブリ 通信カード分割運用へ »

2010.04.26

新緑の青梅線と201系

201_35
山桜をバックに軍畑鉄橋を渡る201系

 こんばんわ。
 今日は、青梅線の「さよなら中央線H4編成奥多摩」へ行ってきました。
 その名の通り、先に引退するH4編成のらさよならツアー第二弾で、三鷹〜奥多摩で運転されました。
 青梅までなら、先月のダイヤ改正まで定期列車として入線していましたが、奥多摩までとなると昨年夏の「四季彩」さよなら運転以来、オレンジ色となると一昨年の3月以来となるでしょうか。久しぶりの光景になります。
 天気は朝から快晴で、新緑まぶしい今の季節、オレンジ色の電車との共演は想像しただけでもわくわくします。
 

201_38
東小金井へ到着する201系。ヘッドマークのデザインは、前回運転時に貼られたものをそのまま使用

 撮影は豊田から三鷹までの回送列車を撮るところからスタートしました。
 場所は東小金井です。
 新しい高架線区間では、まだ撮影していませんでした。いつも撮っていた電車なので、そのうち撮ればいいか、と後廻しているうちにこの日が来てしまった感じです。


201_37
緑の中をオレンジの編成が駆け抜ける

 青梅線での撮影は、青梅線らしく、春らしく、をテーマに風景重視の場所にしました。
 まず下りの撮影は、軍畑〜沢井の俯瞰ポイントです。
 軍畑の鉄橋を渡るところから沢井へ到着するところまで、様々なアングルで狙える一挙両得以上のポイントです。
 特に軍畑鉄橋のアングルでは、遅咲きの山桜をバックに入れることができ、予想外の収穫でした。まさか、関東でまだ桜が見れるとはねぇ。


Sawanoi
新緑のもみじが鮮やかな澤乃井園の庭にて

 下り列車を撮影したら、沢井駅へ戻る途中、澤乃井園で昼食を。
 ここで湯葉入りのざるそばとしそ味噌のお豆腐を頂きます。
 酒造元が経営しているので、日本酒もついでにちびりと。
 昼から新緑を眺めつつ、ちょっぴり贅沢な気分を味わいました。


Misotoufu
酒造に使われる岩清水を使用して作られたお豆腐とざるそば

 上りの201系は、御嶽まで移動して多摩川の川原から狙います。
 以前「四季彩」を撮影した同じ場所です。
 ただ、同じ場所だけではつまらないので、低いアングルから構えましたけど…。
 川原はやっと本格的な行楽日和が到来したということで、夏と変わらないくらい大勢の人が集まっていました。
 特に釣りをするには気持ちのよい天気でしたから、広角で撮っても密集感がありましたね。こんなに釣っている人がいたら魚がいなくなってしまうのではないか、と心配してしまうくらいです。


201_39
緑の中をオレンジの編成が駆け抜ける

 上り列車を撮影したら、青梅線からは引き上げます。
 立川経由で豊田へ向かい、三鷹から帰区する201系を待ち受けるのです。
 今回も豊田手前のカーブですが、インカーブではなく、アウト側から七三の構図で撮りました。
 6輌編成くらいまでなら、尻足らずにはならずに済むようですね。


201_40
1日の運転を終えて豊田へ帰区する201系H4編成

 まださよなら運転のシリーズはまだまだ続くので、日程が合えば出撃は考えたいと思います。
 中でも5/16の八高線は、是非行ってみたいですね。

|

« 短期集中連載 大糸線撮影地ガイドを始めました | トップページ | ハイブリ 通信カード分割運用へ »

コメント

こんばんは(^o^)。
緑の中にオレンジの列車・・・なかなかいい感じの写真になりましたね。
201系オレンジといえば、中央線のイメージが強いんですが、引退ですか・・・さみしいですね。
今後も、ラストランまでいろんなイベントがあるようで、最後の最後まで安全運転で私たちを楽しませてほしいですね。

投稿: でこぽん | 2010.04.27 22:27

でこぽん様、こんばんわ。
これまで四季折々のシーンを撮ってきましたが、オレンジ色の電車は今の季節が一番似合っているように思えます。
もうイベント運転だけを残すのみかと思っていましたが、昨日から定期運用に復帰しました。
29日までの限定のようなので、今晩にでも捕捉して惜別乗車をしてきたいと思います。

投稿: § | 2010.04.28 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/48183501

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の青梅線と201系:

« 短期集中連載 大糸線撮影地ガイドを始めました | トップページ | ハイブリ 通信カード分割運用へ »