« 大糸線撮影地ガイド 暫定更新完了 | トップページ | 新緑の大糸線と水鏡の「雷鳥」 »

2010.05.04

装い新たに… ~イメチェンしたD51 SL「みなかみ」を撮る~

D51_12_01
後藤式デフと集煙装置で新たな装いになったD51

 こんばんわ。
 今日は直江津からの更新です。
 Uターンラッシュも始まったようですが、午前中は下り線も長い渋滞が続いていました。
 私はその渋滞を嫌って下道を使って東京脱出を図ってみたものの、こちらも混雑に嵌ってしまいました。
 朝出発というのは何かと効率が悪いですね。

 さて、日中は午後から上越線で撮影しておりました。午後といってもほとんど夕方からですね。
 メインは「SLみなかみ」です。

185_01
西日を受けて「草津」が上野を目指す

 「SLみなかみ」と言えば、D51。
 そのD51がGWから大きくイメチェンをしてきました。
 トップの写真をご覧の通り、デフレクターが後藤式と呼ばれる切欠タイプのものに交換されました。
 そして煙突には「SLやまぐち」ではおなじみの集煙装置も搭載しています。
 何でも今月後半に予定されている、中央本線のへの出張運転を睨んだ装備のようで、1番違いのD51 499号機をイメージしたものだそうです。
 C57 180が門デフ仕様を作って以来、この手の改装が流行りになっていますね。
 ナンバープレートの色指しやヘッドマークの図柄を変えるよりも本格的ですから、注目が集まるのは頷けます。

 撮影は沼田駅付近でスタンバイしました。
 下り列車の撮影は渋滞で間に合わなかったので、上り列車一発勝負です。
 下り坂一辺倒の上り列車の場合、煙が期待できるのは駅発車のみです。
 水上では、混雑が必至でしたので時点の沼田にした次第です。
 ロケーションはあまり良くはありませんが、新装備の特徴を捉えて、煙も雰囲気が出る程度に収められたので及第点は付けておきましょう。

 SLの撮影は、道が空いていれば八木原のカーブでもと考えていました。 
 しかし、夕方になって国道も高速も上り線が混み始め、追いつくことはできませんでした。
 それでも時間が許す限り、八木原のカーブで115系の普通電車や特急「水上」・「草津」などを撮影して過ごしました。
 都内ではステンレス製の電車ばかりなので、国鉄型電車がやってくると旧友との再会のようでホッとしますね。

 明日はまたまた大糸線を撮ってきます。
 沿線の新緑はどうなのか、桜が残っているところはないのか、非常に気になります。

|

« 大糸線撮影地ガイド 暫定更新完了 | トップページ | 新緑の大糸線と水鏡の「雷鳥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/48260964

この記事へのトラックバック一覧です: 装い新たに… ~イメチェンしたD51 SL「みなかみ」を撮る~:

« 大糸線撮影地ガイド 暫定更新完了 | トップページ | 新緑の大糸線と水鏡の「雷鳥」 »