« 初訪問、鉄道博物館とニューシャトル | トップページ | 雨の中のお召し列車 »

2010.09.26

千葉を行くお召し列車を

E655_01
秋晴れの空の下、外房線を行くお召し列車

 こんばんわ。
 今日は朝から外房線でお召し列車の撮影をしてきました。
 これは千葉国体ご観覧などに伴うもので、今日は蘇我~茂原~勝浦で運転されました。
 E655系となってから2回目のお召し列車、さらに天皇・皇后陛下単独の乗車は今回が初となりました。
 近年関東近辺で運転されたお召し列車は、外国の国賓客へのおもてなしとして運転されることが殆どで、外国の国旗と日の丸を掲げての運転でした。
 今回は久しぶりの日の丸クロスということになり、人出はSL運転相当の大変な数でした。
 首都圏以外のナンバーも多く見かけ、注目度の高さがうかがい知ります。

E655_02
沿線の人々に向かって手を振られる皇后陛下。ご乗車中は終始手を振られ続けていたとか

 撮影はまず大網~永田の水田地帯で狙うことにしました。
 朝の6時過ぎに起きて、現地には通過の2時間前に到着。
 余裕を持ったつもりでしたが、既に撮影を予定していたポイントは足の踏み場もないほどの混雑でした。
 それでもローアングルなら僅かなスペースがあったので、そこに割り込ませていただきました。

 県警の警戒ヘリコプターが見えてくると、いよいよお召し列車がやって来ます。
 私にとっては初のお召し撮影になるので、久しぶりに緊張しました。
 列車が静かに現われると、夢中でシャッターを切ります。そしてすかさず手持ちに切り替えて特別車両を写します。


E655_03
茂原にて停車中のお召し列車。停車中は日章旗はたたまれ、菊のご紋と共にカバーが掛けられている

 結果は上にあります写真の通りです。
 心配していた日章旗の絡まりはなく、きれいに開いた状態でした。
 どうも下辺に針金のようなものが入っているようで、風で靡かない仕様となっています。
 皇后陛下のお姿を撮れたときは、少し感動しました。
 新聞の報道によれば、ご乗車中は座らずに手を振り続けられていたとか。
 ハードな行程にもかかわらず頭が下がる思いですね。


E655_04
特別車両の妻面に表記されている形式・車号表記

 撮影後は午後の撮影の兼ね合いで茂原駅へ向かいます。
 茂原駅では、天皇・皇后陛下が国体の試合を観戦中の間、4番線に留置されていて、一般の人もお召編成を間近で見ることができました。
 菊のご紋は、流石に停車中は外されていましたが、綺麗に磨かれた車輌は鏡のようにピカピカでした。
 千葉の電車は土埃を被ったような編成が多いので、地元の人達はずこいキレイ、という感嘆の言葉が出ていました。


E655_05
特別車両はロープ越しに近くまで寄ることが可能。中央のくぼみには菊のご紋がはめ込まれる

 お召し列車は午後も引き続き運転されます。
 茂原からさらに南下して、勝浦まで参ります。
 次のポイントは、車窓から混み具合を見て決めることにしました。
 まずは第一候補の上総一ノ宮〜東浪見の直線区間です。
 こちらは既に100人オーバーの大混雑で、とても降りようという気力すら湧きませんでした。
 第二候補としていた大原〜浪花は、まだ余裕があって駅近くのポイントも何とかなりそうなレベルだったので、こちらで下車いたしました。


E655_06
浪花付近を行くお召し列車。午前中とはうって変わり、露出がシビアになるほどの曇天に

 午前中と同じようなピーカンの空なら順光となるこのポイントは、日章旗の顔を大きめに写そうと、やや正面の構図でカメラをセット致しました。
 しかし、到着した途端雲行きが怪しくなり、通過時刻が迫るに連れて暗くなる一方です。
 悪いことに線路の向こう、大原方の空はまだ明るかったので、逆光のような光線状態となってしまいました。
 天には祈りましたが、一向に回復する気配がないままお召し列車がやってきてしまいました。
 通過の直前まで色々と露出を調整しつつも所詮焼け石に水でした。
 E655系のあの色は、光線の具合で黒っぽく写ってしまい易く、難しい被写体であると改めて感じますね。
 なお、午後の運転でも天皇・皇后両陛下は窓から手を振られていました。


E655_07
勝浦からのお召し回送列車。カーテンは下ろされ菊のご紋は外されているが、先頭部の連結器は収納され、手すりが取り付けられているなど普段とは違った姿を見ることができた

 お召通過後は撮影者の皆さん、一斉に引き上げていきました。
 でも、まだ撮影の楽しみはまだ残っています。
 勝浦からのお召し列車の回送がまだあるのです。(もしかしたら、他の方は別の場所に移動したのかもしれませんが…)
 お召列車ほどの華やかさはありませんが、普段の「和」とは違った表情を撮ることができました。

 さて、お召し列車は明日も館山〜東京で運転があります。
 実は夏期休暇の残り1日をこの日に充てまして、もう一度行こうかと考えています。
 ただ・・・、天気が悪いんですよねぇ。肌寒そうだし…。
 あまり期待はしないでいてくださいね。

|

« 初訪問、鉄道博物館とニューシャトル | トップページ | 雨の中のお召し列車 »

コメント

こんばんわ!

お目にかかったことはないのですが
いかにも要人さんをのせていそうな
あやしげな電車ですね(^^;

>お召通過後は撮影者の皆さん、一斉に引き上げていきました。

そのような光景を目にしたことがありますが
用が済めばすぐ次の同じ場所へみんな突っ走る。。。
なんだかさみしいですね。

だからわたしはイベント列車って
撮りに行くのにはあまり気乗りがしないんですね(^^;
SLとかち号が走る日も青函にはまなすでおでかけ
SLニセコ号が走る日も札沼線に朝イチおでかけ・・・
SL撮りたい気持ちもありますが・・・
あまのじゃくですねわたしって(汗

投稿: An | 2010.09.27 21:43

An様、こんばんわ。
大抵は、目当ての列車の撮影が終わるとそそくさと行ってしまいますね。
特に追っかけがやりやすいSLとなると顕著でよね。
日常の忙しなさと変わらないじゃないか、という感じがして…、おっしゃる意味わかります。

撮影スタイルは人それぞれですから、地元の日常を追い続ける意義はあると思いますよ。
数年後、あの時撮っていて良かったと思う瞬間が来ますから。

投稿: § | 2010.09.28 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/49568450

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉を行くお召し列車を:

« 初訪問、鉄道博物館とニューシャトル | トップページ | 雨の中のお召し列車 »