« デハ101に乗って ~レトロな上毛電鉄訪問 その2~ | トップページ | 迫る大台 »

2010.10.30

デハ101の走行シーンを ~レトロな上毛電鉄訪問 その3~

100_08
渡良瀬川を渡るデハ101臨時電車

 おはようございます。
 今日は青森からの更新です。
 この週末は東北方面の撮影に出ています。
 全般的に天気が良くない中、青森の方は天気に恵まれました。というか、晴れマークを探したら北東北しかなかったのでここまで来てしまった感じです。
 それでも撮りたい被写体は多く、東北新幹線の全線開業で運行形態が変わる「白鳥・つがる」系統や「つがる」に統合される「かもしか」、「あけぼの」「日本海」など1日で撮りきれるか心配になりそうなくらいです。
 事の詳細は、東京に戻りましたら報告いたします。
 

100_09
上泉~赤坂の築堤を駆け上がるデハ101

 本題に戻りまして、前回エントリの続きです。
 デハ100を西桐生で降り、上毛電鉄の全線走破を果たすと、先発の電車に乗り込み富士山下まで戻ります。
 渡良瀬川の袂にあるここは、沿線では比較的メジャーな撮影ポイントです。
 ここで、前橋中央へ折り返してくる後続のデハ100を撮るのです。
 鉄橋を渡る風情もいいのですが、鉄橋と駅の間にある踏切の警報機も昔ながらの鐘を打ち鳴らすタイプなので、レトロ感がさらにアップします。ビデオ撮影にはいい場所ですね。

 撮影後は後続の普通電車に乗って上泉へ移動し、前橋中央から折り返してくるデハ100を再び迎え撃ちます。
 日没も迫り、分厚い曇り空の中なので、露出はあまりありません。
 茶色のボディは感度を上げてしまうとノイズが乗りやすいので、流し撮りで対処することにしました。

 撮影はこの2回のみで終了です。
 編成ごとに先頭部のカラーが異なる700型のバリエーションを見ていると、やはり午前中に来てあともう1箇所別の場所で撮っておきたかったですね。


D51_12_02
新前橋に停車中の「SLみなかみ」

 帰りの駄賃ではないですけど、前橋から帰る途中、新前橋で「SLみなかみ」の到着が近かったので寄り道してみました。
 夜のSLっていいもんですね。
 動画も撮ってありますので、ご覧頂ければと思います。



|

« デハ101に乗って ~レトロな上毛電鉄訪問 その2~ | トップページ | 迫る大台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/49879041

この記事へのトラックバック一覧です: デハ101の走行シーンを ~レトロな上毛電鉄訪問 その3~:

« デハ101に乗って ~レトロな上毛電鉄訪問 その2~ | トップページ | 迫る大台 »