« 元祖通勤型 キハ100を訪ねて 〜大手ディーゼル私鉄? 関東鉄道 その1〜 | トップページ | 驚異の狭い寝台 〜急行「きたぐに」中段の旅〜 »

2011.08.07

外吊りドアが厳めしい…、キハ350最期の走り 〜大手ディーゼル私鉄? 関東鉄道 その2〜

2200_02
筑波山をバックに単行気動車が行く

 こんばんわ。
 この週末は体調を崩してしまい、家でゆっくり休んでいました。
 風邪でもなく、ただただ体がダルイ感じでした。
 天気も良かったので、東北本線の「ひばり」や583系「あいづライナー」とか撮りに行こうとしていたのでちょっと残念です。

 さて、前回エントリの続きになります。
 下館では、約30分滞在していただけで、そのまま乗ってきた列車に乗り込みました。
 
 

350_03
水海道の車両基地の外れにひっそりと佇むキハ350スカイブルー編成。既に運用からは離脱しており、営業に就くことはない

 次に向かうのは、先ほどのロケハンで目星を付けていた撮影地です。
 降りたのは玉村という小さな駅で、ここから下妻方面へ5分ほど歩いた田園地帯でカメラを構えます。
 一見して午前中に撮影していた三妻と風景が似ていますが、バックには筑波山が堂々と入り、地域の特徴を印象付けてくれます。
 雲も取れてきて、青空が広がっていました。
 ここで下り2本、上り1本を撮影いたしました。


350_0_01
水海道の車両基地に並んだキハ350、0形気動車達。0形は平日のラッシュ時に運用に就いている模様

 次の撮影は、水海道で降りまして駅から2キロほど離れた車輌基地へ足を運びました。
 基地の外れには既に運用から外れていたキハ350などが留置されていて、周辺の道路から撮影できるのです。
 いずれはスクラップの道を辿ることになりそうなので、まだ状態が良いうちに記録します。
 そして、近くの踏切から唯一運用に就いているキハ35編成を上下1本ずつ撮影します。
 車輌基地の南端はカーブになっていて、2輌編成ながらも迫力のあるカットが撮れます。
 それにしても常総線は本数が多いですね。
 非電化=ローカル線≒本数が少ない、というイメージがあるのですが、首都圏で複線区間ですと15分に1本くらいの割合でやってきます。
 特に守谷〜水海道は、下館からの直通列車もあるため密度が高くなっています。
 さらには、水海道と車両基地の間は日中も車両の出入りがあるので、1時間も立っていれば上下合わせて10本は撮影できるでしょうか。


350_01
重々しい外吊りドアが特徴のキハ350

 日没まではまだ1時間くらいの残っていましたが、取手までのロケハンをしたかったのでここで切り上げることにいたしました。
 帰りは未乗となっている守谷〜取手の車窓を眺めながら、次回の撮影に向けて予習を行いました。
 住宅地が多く、直線主体の線形では写欲をそそる場所はなかなか見当たりません。今度来る時は守谷以北ですかね。
 結局これといったポイントは見つからないまま取手に到着、取手からは常磐線快速で帰宅しました。
 

350_02
先に引退した車両たちの脇を走り抜けるキハ350

 キハ35は関東鉄道のHPによると、8/26まで金曜日の日中と土日の夕方2往復のみ運用に入るだけでになっております。
 引退は10月なので、9月からは別ダイヤになるのか、イベントオンリーとなるのかは判りません。
 もう一方のキハ100はもうしばらく残るようですが、片運転台のキハ350はJRにはもはや存在しないため、希少な存在ではあります。
 ただ、通勤型という地味な形式だからなのか、地方私鉄だからなのでしょうか、注目度はいまひとつのようですね。
 同じ元国鉄型でありながら、キハ58やキハ52の最期のようなフィーバー振りはありません。
 逆に言えばのんびり撮れるということで、その点は喜ばしいことですね。
 来月にでも再訪をしたいと思います。

|

« 元祖通勤型 キハ100を訪ねて 〜大手ディーゼル私鉄? 関東鉄道 その1〜 | トップページ | 驚異の狭い寝台 〜急行「きたぐに」中段の旅〜 »

コメント

地元民としてちょっと…
TX開業前まではラッシュ時は4連で走ってましたが、もう引退なんですね。通勤路線の複線区間は非電化区間では珍しい(私鉄ではなおさら)なので、探せばまだ出てくるかもしれません。2連とやや短めなのですが。
騰波ノ江駅にも行きましたでしょうか?

取手~西取手間にはカーブを抜けてから窪地があるので、国道6号線とクロスする部分で上から狙ってみるのはどうでしょうか。もしかしたらすれ違いシーンが見られるかもしれません。守谷や新守谷駅舎をバックに発車していくのも良さげですよ。

投稿: kei | 2011.08.08 16:26

kei様、こんばんわ。
騰波ノ江駅は通っただけでしたけど、木造駅舎の雰囲気がいいですね。
キハ100との組み合わせに良さそうです。
国道6号線のクロスは、確かに気になりました。横方向に気を取られていて、確信が持てなかったのですが、行ってみたいと思います。
守谷駅は、近代的でキハ350とのアンマッチさを狙うのも面白そうです。

投稿: § | 2011.08.08 20:07

管理人様、初めまして。私は東京都内在住の者です。
ssr Web LOG は頻繁に拝見致しております。物凄いハードスケジュールで全国各地の鉄道を追い掛けられている御様子には、多大なリスペクトと少々の羨望を覚えずにはいられません。
私はこのサイトでキハ350型の終焉を知った次第でして、昨日14日に茨城の方まで行って参りました。まずは水海道駅付近で回送を後追いで1回、取手に向けて出た所でもう1回、車で守谷駅付近に移動し、水海道行きをもう1回収めて、水海道に戻ってもう1発を狙ったのですがそれは間に合わず退散。守谷駅付近のTXを含めた風景とディーゼル2両はかなりミスマッチな絵になります。関鉄は交流電化してもペイ出来ないので非電化なのですが…。
もう1回チャンスがあれば狙いたいのですが、11日のあけぼの迂回運転(寝台特急3連発)も含めて、炎天下での撮影が続いて日焼けの跡が痛く、体も参っております。日焼け止めは使わなあきません。もっとも、キハ35ならまだ久留里線で逢える筈なのですが。

投稿: Blairfindy1号2号 | 2011.08.15 20:08

Blairfindy1号2号様、いつもご覧いただいてありがとうございます。
このエントリをきっかけに行かれたのですね。
書いた方としてはうれしい限りです。

守谷でのTXとの組み合わせは、ミスマッチ感ありありのようで、逆に誘発されてしまいました。

日焼けすると体力は意外に消耗しますから、待機中は極力日陰にいることにしています。

あぁ、「あけぼの」の北上線迂回撮っておきたかったですねぇ。
フットワークの早さに脱帽です。

投稿: § | 2011.08.16 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/52406064

この記事へのトラックバック一覧です: 外吊りドアが厳めしい…、キハ350最期の走り 〜大手ディーゼル私鉄? 関東鉄道 その2〜:

« 元祖通勤型 キハ100を訪ねて 〜大手ディーゼル私鉄? 関東鉄道 その1〜 | トップページ | 驚異の狭い寝台 〜急行「きたぐに」中段の旅〜 »