« しなの鉄道撮影地ガイドを追加 | トップページ | 東北本線・磐越西線・米坂線の撮影地ガイドを追加 »

2011.09.11

またまだ熱い群馬 〜「EL&SLみなかみ」と高崎鉄道ふれあいデー

Ef65_12_01
「EL&SLみなかみ」として久しぶりに客車列車が山貨を走行

 こんばんわ。
 約一ヶ月ぶりの撮影に出かけてきました。
 この数年は三週間以上もブランクが開く事は稀でしたので、腕が鈍っていないか心配でした。
 今回は余った18きっぷの消化を兼ねて、またまた群馬へ行ってきました。

 これまでと同じく、高崎行きの湘南新宿ラインで群馬入りする訳ですけど、今朝は寄り道して渋谷で撮影してから乗り込みました。
 寄り道したのは、「EL&SLみなかみ」を撮影するためです。
 この週末は、大船始発で設定され久しぶりに昼行客車列車が都心を縦断しました。
 先頭に立ったのはPトップことEF65 501でした。
 ヘッドマークは谷川岳と横浜の風景を組み合わせた特製のものでした。

Eh200_ef60_c61_deki_dd51_01
高崎に集う機関車たち。普段は見られないEH200にヘッドマークが装着された

 渋谷での朝練を終えると、湘南新宿ラインで高崎へ。
 高崎では、「高崎鉄道ふれあいデー」となるイベントが駅構内の外れで開かれ、機関車を中心に展示が行われていました。
 機関車の大半は高崎のカマ達で、C61やDD51、貨物からはEH200が並べられていました。
 その中で異彩を放っていたのが上信電鉄のデキでした。
 昨年から復活を遂げて、人気も上々の機関車です。
 貨物輸送廃止後は、上信電鉄の線路からは出る事はなかったはずで、目と鼻の先の移動ながらJRの線路に久々に入る形となりました。
 JRの機関車と並べるとデキの小ささがよく判りますね。
 駅近くのイベントという事で、家族連れを中心に混雑していました。
 DD51のキャブに入れるチャンスもあったのですが、長い順番待ちの列と真夏のような暑さで断念しました。


Dd51_01
全ての点検扉が開けられ、キャブ内の一般公開も行われていたDD51 897

 イベントに参加した後は、上越線の普通電車で水上へ向かいます。
 水上の訪問目的は二つ、「風っこループ号」と「SLみなかみ」の撮影にあります。
 後者はいつでも撮れる被写体なので重要視せず、前者の方が大きな目的です。
 普段はディーゼルカーの走る事ない線区なので、上越国境の風景と絡めて撮ってみたいと。
 撮影場所は、駅からほど近い利根川の鉄橋です。
 折よくラフティングのボートと仲良く収める事ができました。


47_48_01
風っこループ号とラフティングボートのエール交換

 風っこの後は水上駅南へ移動し、「SLみなかみ」に流れます。
 この日のカマは、C61が高崎でのイベントに駆り出されていたので、定番のD51が先頭に立っていました。
 撮影者は少なめでしたが、列車自体は満席で今年の好調をキープしていました。


D51_12_01
水上を発車する「SLみなかみ」。昨年までの定番、D51&12系のコンビで山を下る

 撮影はこれにて終了です。
 帰りはいつものように普通電車を乗り継いで帰京しました。
 来週は上信電鉄でデキと旧型客車の運転があるようなので、また行くことになるかもしれません。
 わたらせ渓谷鉄道にも足を運んでみたいですし、期間限定のぐんまツーデーパスでも使ってみましょうか。

|

« しなの鉄道撮影地ガイドを追加 | トップページ | 東北本線・磐越西線・米坂線の撮影地ガイドを追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/52695419

この記事へのトラックバック一覧です: またまだ熱い群馬 〜「EL&SLみなかみ」と高崎鉄道ふれあいデー:

« しなの鉄道撮影地ガイドを追加 | トップページ | 東北本線・磐越西線・米坂線の撮影地ガイドを追加 »