« デキと旧型客車の共演 〜頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011@上信電鉄〜 | トップページ | JR北海道全線走破達成と富良野・美瑛ノロッコ号の旅 »

2011.09.23

苦行の急行「はまなす」

14_01
青森にて発車を待つ「はまなす」

 こんばんわ。
 連休は北海道まで来ています。
 夏休みが1日余っていたのでその消化を兼ねてになります。
 前エントリで少し触れましたが、先日の台風15号の影響で当初思い描いていた行程に大幅な変更が生じました。
 変更の度に状況が悪くなるパターンに嵌ってしまったのです。
 途中で断念すれば良かったものの、不運の連続の旅を書き綴ってみたいと思います。

 

 最初は21日発の「北斗星」で北海道入りする計画を立てていました。
 B寝台個室の「ソロ」が取れてウキウキ気分だったのですが、台風の直撃であえなく運休に。
 これについては致し方なく、前日の段階で運休は見えていたので、保険で22日発の分も買っておくことにしました。
 しかし、連休前の直前購入なので、開放B寝台の喫煙席しか空いていませんでした。
 まあ、乗れないよりかはマシか、と納得させながら当日を迎えます。
 台風一過の22日は、運休すになることは微塵にも思わないほどの晴れ渡った朝でした。
 午前中の段階では運休の知らせもなく、大丈夫だろうと安心していました。
 ところが、午後あわよくば個室の空きが出ていないか、みどりの窓口に行ってみたところ、何と運休の知らせが。
 福島・宮城県内の東北本線で運転を見合わせているためでした。


Dd51_03
函館から「はまなす」の先頭に立ったのはDD51の重連だった

 こうなると飛行機にするか「はまなす」にするかになりますが、エアーは連休前で運賃が高いですし、予約もいっぱいであることは想像できます。
 消去法的に「はやて179号」〜「はまなす」の切符に切り替えを行いました。
 「はまなす」は指定席もB寝台も満席で一抹の不安がよぎります。

 青森までは特に問題なくスムーズに行けました。
 新青森から奥羽本線の普通電車に乗り換え、青森には「はまなす」の発車2分前に到着。
 向かい側のホームに停車中の列車に乗り換えるのですが、デッキまで人が溢れているのを見て愕然としました。
 一晩立ち席?

 取り敢えず最後尾車両のデッキに乗り込みます。
 ところが、発車時刻を過ぎてもドアが閉まるどころか発車ベルさえも鳴りません。
 放送もなく、いつ動くのかさえ解らない状況でした。
 いったいどうなっているのか、前の方へ行ってみると20人くらいのグループ客が車掌を囲んで押し問答を繰り広げていました。
 席がどうのこうのと言っていたので、オーバーブッキングが発生していたのでしょうか。
 それにしては規模がでかすぎます。

 押し問答は1時間経っても続き、そこでようやく車掌からの車内放送が入ります。
 何でも台風の影響で所定の編成両数が揃わず、席が足らない状況が発生していたのだとか。
 前日「はまなす」は運休していたので、連休前の増結編成ではない、前日発車分の編成がそのまま宛てがわれたのでしょう。
 道理で連休前なのに編成が短いのか合点がいきました。

 「はまなす」はJR北海道の車両なので、青森で増結することはできません。
 あきらめて乗ってもらうしか無いのですが…。
 ただ、JRも指定席客があぶれてしまうのは事前にわかっていたはずなので、自由席車を指定席に変更するなどの方法は取っても良かったと思います。自由席利用者にはホーム上の案内だけで済みますから。

 0時を過ぎました。動き出す気配はありません。
 ホーム上の押し問答は、大分落ち着いて入るもののまだ車掌と駅員を取り囲んでいます。
 ここでホームに居た乗客の人に話を聞いてみると、やっと詳しい状況がつかめてきました。
 何と座席車全車両を自由席にすると乗車が始まった際にアナウンスが流れ、本来の指定券を持った人が追い出される羽目になってしまったというのです。
 最初耳にしたときは?が10個くらい頭の上を回っていました。
 いくら所定の指定席が確保できないからといって、全部自由席はまずいでしょう。
 夕方の段階で発売止めはありませんでしたから、詐欺行為に近いものがあります。
 もし、指定席を買えていたら、私も抗議の環に加わっていたかもしれません。

 0時37分、やっと丸く収められたのか乗客側が折れたのか判りませんが、2時間近い遅れでやっと青森を発車しました。
 乗客たちは待ちくたびれた様子で、発車時点でぐったりしています。
 さて、これから遅れはどこまで回復できるのでしょうか。
 函館までの津軽・江差線の区間は、カーブやポイントの速度制限が多く、ぎりぎりの速度で通過していきます。
 揺れが大きいので、手すりに掴まっていないと危ないくらいでした。
 そんな回復運転の成果があってか、函館到着時には1時間40分遅れで到着。
 DD51への機関車交換も手際よく行わられ、20分の停車時間を4分に切り詰めて函館を後にしました。
 函館からのDD51は、所定であれば単機で引っ張るのですが、この日はラッキーなことに重連でした。
 ハイパワーを利用して藤城線の上り勾配を楽々とクリアし、「北斗星」も真っ青のスピードで真夜中の函館本線を北上します。

 青森を発車してから約3時間、底冷えのデッキで長時間揺られるのはかなりしんどくなって来ました。
 今後の行程を考えると、このまま札幌まで行くのはかなりキツイです。
 できるだけ休めて、遅れも最小限に留められそうな後続列車の乗り継ぎはないものか…。
 時刻表を捲ってみると、調度良さそうな列車がありました。
 長万部で下車し、始発の普通列車に乗り換えて行けば、1時間ちょっとのロスで済みそうなのです。


150_01
長万部から始発の普通列車で東室蘭へ。朝日が眩しい

 そんな訳で真夜中の長万部で途中下車致しました。
 ここまでで遅れは1時間10分程度まで回復し、このまま上手く行けば30〜40分程度の遅れで着けそうな感じでした。
 待合室で1時間ほど過ごして、始発の普通列車に乗り換えます。
 やっと暖かい車内でじっくりと腰を下ろした安堵感からか、発車してほどなくして寝入ってしまいました。
 東室蘭に到着すると、特急「すずらん」に乗り換えます。
 特急料金が追加で掛かってしまいますが、リクライニングシートでさらに休めるのはありがたい事です。こちらも1時間半の道中は爆睡でした。
 8時33分、色々ありましたがやっと札幌に到着することが出来ました。
 「北斗星」で行くよりかは所要時間は短いのですが、殆ど寝れていない分だけ倍近く掛かったような気が致しました。
 次行くときは、もう絶対「北斗星」にしたいと思います。

|

« デキと旧型客車の共演 〜頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011@上信電鉄〜 | トップページ | JR北海道全線走破達成と富良野・美瑛ノロッコ号の旅 »

コメント

災難で苦行の旅ですね…
ただ北斗星自体も新幹線延伸で高くなってますし、飛行機(ちなみに該当日は通常期料金)との差が小さくなっているので台風直後に行くなら飛行機変更、もしくはキャンセルでも致し方ないと思います。
急行はまなすは北海道&東日本パスの期間中は悪い時は混雑することがあります。去年急行指定が別料金okになってから満席のペースが速くなったことも。なので自由席で行くのは幸いなんとか行けたと思った方が良いと思います。

投稿: kei | 2011.09.24 10:32

kei様、こんにちは。
飛行機も検討したんですけど、ちょうどいい時間帯に空きがなかったもので、下から行くしかありませんでした。
そう言えば北海道&東日本パスなるきっぷがありましたね。
いつの間にか、指定席も追加料金だけで乗れるとは知りませんでした。
次乗るときは、北海道&東日本パスシーズンを念頭に入れておくことにします。

投稿: § | 2011.09.24 15:57

 指定席を2週間以上前に購入し、座らせてもらえなかった人物です。旅はあなたと違い変更だらけ…。行きたいところへ行けず、最悪の状態…。ツイッターでは、「勝ち組」という発言もあり、怒りは収まりません。
 抗議をしてあきらめた人が半分。どうも札幌まで立ったまま…。北海道に着いて同じく抗議していた人に出逢いました。窓口でずっと抗議…。気の毒でした…
 半分はフェリーで函館へ。その後の北斗も満席の為の移動。グループ旅行の人は青森駅助役から、「優先的に自由席を座れるように」という「連絡票」を渡されました。ホテルに泊まった人、一旦家に引き上げた人…。
 函館駅での対応は事務的に…。急行料金と指定席料金は返金されましたが、その他はここから買い直せとのこと…。まあスジはスジ。しかし謝罪は一切なし。大名商売ですね。ここまで事務的にされるとたまりません。
 列車の遅れは「台風15号によるもの」とネットでは表記されていたとか…。隠蔽体質のJR北海道…。
 あなたは良い旅をされたようですね。羨ましい…。友達とは「話が違う…」と罵られた私は、JR北海道の不信をかうと同時に、永年からの親友から不信をかっています。さあこれからどうしよう…。

投稿: はまなすに乗れなかった人 | 2011.09.25 12:18

こんにちは。

北斗星も運休ではまなすでも
トラブルにあってしまわれたのですね。

時間に限りがあるでしょうし
時刻表片手に機転を利かすしかありませんね(^^)

150のほうが広くて快適!

投稿: An | 2011.09.25 17:38

はまなすに乗れなかった人さん、こんばんわ。
あの被害者のおひとりの方ですか。
「はまなす」の指定席は座席確保以上の価値はありますから、ショックは大きかったことでしょう。
友人関係までヒビが入ってしまうとは、なんともお気の毒としか言い用がありません。
はまなすに乗れなかった人さん自身は悪くはないのですからね。
その後の行程は無事に周れたでしょうか?

台風の影響という大義名分があっても、紋切り型の対応では誰しも納得はいかないでしょう。謝罪くらいはあってしかるべきですね。
青森駅では、車掌の対応も車内の乗客を放ったらかしにしてましたからね。
客を説得させるのに2時間近くも要するなど手際の悪さだけ強く印象に残っています。

投稿: § | 2011.09.25 23:35

Anさん、ごんばんわ。
長万部での途中下車は正解でした。
待ち時間少、遅れも追加投資も最小限で済みましたから。
旅にトラブルはつきものとは言え、こんな経験は勘弁したいですね。

投稿: § | 2011.09.25 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/52810845

この記事へのトラックバック一覧です: 苦行の急行「はまなす」:

« デキと旧型客車の共演 〜頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011@上信電鉄〜 | トップページ | JR北海道全線走破達成と富良野・美瑛ノロッコ号の旅 »