« 最後のシーズンとなるか? 〜石北本線の貨物列車〜 | トップページ | 33年ぶりに復活 〜都電荒川線花電車〜 »

2011.10.03

室蘭本線でイレギュラーな「カシオペア」「北斗星」を

Dd51_24_09
4時間以上の遅れで室蘭本線を急ぐ「北斗星」。予備車をかき集めて仕立てられたため、開放B寝台車が多い

 こんばんわ。
 もう北海道では初冠雪の便りが届きましたね。
 石北峠でも雪が積もったとかで、うまくすれば紅葉と雪を絡めて石北本線の貨物列車が狙えそうですね。
 やっぱりもう一度行きたくなってしまいました。
 では、前日のエントリの続きといたしましょう。

 北海道遠征最終日の26日は、室蘭本線での撮影に時間を充てました。
 狙いは、主に本州からの夜行列車たちです。
 朝の7時前に東室蘭の宿を発ち、黄金駅南にある陸橋へ向かいました。
 ここで「トワイライトエクスプレス」を・・・、としていたのですが、通過予定時刻になっても列車はやってきません。
 待てよ、と思い時刻表を確認してみたら、昨日発車分は運行日から外れているではないですか。今日が月曜日あることを忘れていました。
 ただ、団臨での設定も多いのでしばらく待っていましたが、来ないので次の「カシオペア」向けに場所を移動することにします。

Dd51_e26_03
静かな入江沿いを走る「カシオペア」

 「カシオペア」は有珠〜長和にあるエントモ岬から、海を手前に配置したアングルで撮ります。
 この日の「カシオペア」は、東北本線の水害によって日本海回りでの運転となり、ダイヤが遅れていました。
 北海道内では「北斗星」のスジで運行されていました。
 その「北斗星」はというと、こちらは予定通り東北本線で運転され北上したものの、仙台付近での運行制約に引っかかり4時間遅れになっていました。
 まだ先日の台風15号による影響が残っているんですね。
 この辺りを通過するのは13時頃になりそうなので、それまでは貨物列車や「スーパー北斗」などを撮影しながら時間を過ごします。


281_04
豊浦付近のS字カーブを行く「スーパー北斗」

 近場でのんびりと撮っていましたが、途中DD51が充当される貨物列車(5472レ)を撮影するため、道央道を使って一時的に社台の方まで移動しました。
 せっかく車を飛ばして来たのですが、5472レの先頭にはDF200が立っていました。
 一時的な運用変更なのか、DD51衰退の表れなのか判りませんがちょっと無駄足になってしまいました。


Df200_43000_1000_01
DD51が充当されはずの5772レ。この日はDF200が代走

 「北斗星」の撮影は、黄金駅南の踏切脇にいたしました。
 午後の撮影となるため、順光で撮れる場所は洞爺付近から黄金にかけてくらいしかありません。
 JR北海道のHPでは相変わらず4時間遅れのままです。
 実際にやってきたのは、4時間15分くらい遅れていました。
 札幌22日発の列車が一ノ関で足止めを食らっていたものですから、編成は尾久の予備車をかき集めた構成になっていました。
 個室寝台車は2輌だけ、開放B寝台車が中心になっていました。
 全室ロビー室のオハ24も連結されていたのも特筆すべき事項でしょう。
 乗客の中には個室から開放B寝台に変わってしまったり、大幅に到着が遅れてしまう結果となってしまいましたが、北海道に来るまで散々な思いをした私からしてみれば何とも羨ましい限りです。


281_05
黄金近くの高台より、噴火湾、有珠山などを入れて「スーパー北斗」を

 「北斗星」の撮影後は、近辺で撮影を続けて日が沈みかけた頃に新千歳空港へ向かいました。
 帰りはAIRです。
 北海道のお土産は、毎回空港に立ち寄るたびに新しい商品が並んでいて、どれを買っていこうか悩んでしまいますね。
 今回はカッチョカバロのチーズと白い恋人のロールケーキにしました。
 前者は厚切りにした後に軽く焼いてそのまま食べたり、トマトやハンバーグの上に載せて食べるとおいしいようです。
 ロールケーキの方は、おなじみのホワイトチョコの味がする生クリームが美味でした。


Df200_100_01
2050レにはたくさんの農産物を満載。一路本州へ

 今回の遠征は、行きの「北斗星」の件と石北本線の貨物列車のしょぼさが心残りです。
 紅葉シーズンにもう一度行きたい思いが沸々と湧き上がっています。
 予算や他の撮影もあるので厳しいですが、すっきりとさせたいです。

|

« 最後のシーズンとなるか? 〜石北本線の貨物列車〜 | トップページ | 33年ぶりに復活 〜都電荒川線花電車〜 »

コメント

今回台風襲撃と重なってしまったのは残念でしたなぁ。長距離列車はこういう時に影響が残り易いですな
今回の北海道は大分彼方此方回られた様ですな。改めて管理人様のパワーに脱帽します。私なら多分札幌周辺をうろちょろして数を稼いで終ってしまうでしょうが…。北海道は原野も多く、絵になる場所は本当に多そうです。
今残っているDD51 も1970年代までの製造であり、特に北海道に関しては気候が厳しく長距離運用も多いので、更新工事を施しても車両の状態はかなり厳しいと思われます。DF200 が増えて来るのは仕方ない事だと思います。非電化区間は架線柱や電線類の影を気にする必要が無いので、撮るには結構楽かも知れないと改めて思います。
実は、あるイベント参加のために、昨日まで2日ほど大阪に行っていまして…、その序でに阪和線浅香鉄橋・名神クロス・近鉄大阪線葛城川鉄橋(大和高田)と回って参りました。やや雲が多く撮るのに苦労しましたが、アーバンL やスナックカーの8連にも出会えましたし、まずまずの成果が挙がった様な気がします。

投稿: Blairfindy1号2号 | 2011.10.04 13:05

Blairfindy1号2号さん、こんばんわ。
DD51はそろそろ限界に近いようなので、5年先も危うい状況になりそうですね。
北海道は景色が素晴らしいポイントが多いのは確かです。
しかし、場所によっては上手くまとめないと間延びした写真にもなってしまうので、難しい一面もありますよ。

投稿: § | 2011.10.04 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/52887478

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭本線でイレギュラーな「カシオペア」「北斗星」を:

« 最後のシーズンとなるか? 〜石北本線の貨物列車〜 | トップページ | 33年ぶりに復活 〜都電荒川線花電車〜 »