« 御殿場線の撮影地ガイドをさらに追加 | トップページ | 長野電鉄屋代線の撮影地ガイドを追加 »

2012.03.04

久しぶりの客レ運転と特急色185系

Ef60_ef64_12_01
相模湾を望みながら伊豆の玄関口熱海を目指す「いず物語号」

 こんばんわ。
 猫の目のように寒い日と暖かい日が変わりますね。
 昨日は東海道本線を中心に臨時列車の数々を撮ってきました。
 久しぶりに被写体のバラエティに溢れた内容で、充実した1日でした。

 まずは、ばんえつ物語編成を使用した団体列車「急行いず物語号」から行きましょう。
 小田原以西への客車列車の運転は、久しぶりでした。5年前の「ゆとり」さよなら運転以来ではないでしょうか。
 そんな珍しさとこの後紹介する「上州踊り子号」のコンボで沿線は大賑わいでした。
 撮影場所は、その5年前と同じく早川〜根府川の石橋鉄橋の俯瞰ポイントです。
 キャパシティが広く景色も良く、この他に一緒に撮りたいものがあったので一択でした。

300_01
特別装飾を施したJ編成による300系臨時列車

 一緒に撮りたかったのは、300系の臨時列車です。
 先頭部分に特別装飾を施したJR東海のJ編成を使用したもので、石橋のポイントなら東海道本線だけではなく、東海道新幹線も撮れるため「いず物語号」を待つ間に撮っておきました。
 実は新幹線にはもう一つの目玉列車、ドクターイエローの運転もあったのですが、情報収集不足でこちらは撮り逃してしまいました。


185_02
国鉄特急色に変更されたOM08編成による「上州踊り子号」。ヘッドマークは大型の外付けタイプを掲出

 そしていよいよ「急行いず物語号」です。
 朝の時点で多かった撮影者の数は、最終的に200人以上まで膨れ上がり、注目の高さがうかがい知れます。
 編成はEF60が先頭に立ち、EF64 1031がしんがり努めていました。ヘッドマークは桜の花びらの図柄です。
 編成は客車の色が機関車と似ているため統一感があり、プッシュプルでも編成美が崩れることはありませんでした。

 
Ef210_80000_01
終焉迫るワム80000を連ねた3461レも外せない被写体

 「急行いず物語号」の下りを撮影後は、向かい側の山の斜面に移動し、熱海から国府津へ回送される「急行いず物語号」の編成を撮影します。
 EF64 1031が牽引を担当することになり、変化のある撮影となりました。
 ヘッドマークはEF60と同じ図柄でした。「あまぎ」や「踊り子」の絵柄だと面白かったですね。
 回送列車撮影後は、また元の場所に戻ります。


Ef60_ef64_12_02
米神のS字カーブを行く「急行いず物語号」の送り込み回送

 お昼を過ぎて長駆高崎から「上州踊り子号」やって来ました。
 今回の運転に合わせて国鉄特急色に変更し、157系風に仕立て上げてきました。
 ヘッドマークは大型の外付けタイプで、157系をイメージしたものになっています。
 元々国鉄型の車両ですから、初めて纏う色でも全く違和感がありませんね。
 石橋での撮影はこれで終了です。


Ef60_ef64_12_03
スカート周りが物々しいEF64 1031が先頭に立つ復路の「急行いず物語号」

 次のポイントは隣の集落、米神へ移動します。
 石橋では風景主体でしたので、次は編成主体となります。
 こちらは石橋ほどのキャパシティはありませんので、途中合流の身としては三脚の使用は端から諦めて脚立+手持ちにします。
 午後はワムハチの3461列車や「急行いず物語号」をメインに撮ります。

 
E233_01
211系を置き換え勢力拡大中のE233系

 「急行いず物語号」の送り込み回送列車は、撮れたことは撮れましたが上り電車に被られてしまい、ベストの位置でシャッターは切ることができませんでした。手持ちでしたので、アングルをとっさに修正できたのは幸いしました。
 上りの「急行いず物語号」は、電車回送にも使われるEF64 1031が先頭に立ちます。
 物々しい連結器周りが特徴なので、ヘッドマーク共々接近戦で写しておきたい被写体です。
 こちらは対向列車に被られることはなく、しっかりと撮れました。(編成後部は切れてしまいましたが…)


185_03
城ヶ崎海岸を付近を行く「あまぎ」。ヘッドマークはシール式

 最後は伊豆急行の沿線へ移動し、特急「あまぎ」の撮影をいたします。
 特急「あまぎ」は、先の「上州踊り子」で使用された185系を使用し、157系時代のものを再現する形となりました。
 「上州踊り子」では特製のヘッドマークでしたので、「あまぎ」でも大型のものを期待してしまいます。
 ただ、伊豆急下田発が16時過ぎとなっているため、撮影は伊豆急行線内に限られます。
 車でできるだけ南へ移動しましたが、週末は渋滞しやすい国道135号線では思うように南下できず、城ヶ崎海岸〜伊豆高原の間で撮ることにしました。
 まったく土地勘もない場所で行き当たりばったりでしたが、編成全体が見通せる場所が見つかり、露出も厳しい中何とか収めることが出来ました。
 期待していたヘッドマークは、残念ながらシール式の簡素なタイプでした。
 おそらく今日の運転もこのままとなっていたことでしょう。

 さて、今週は明日からの海外出張で更新できくなるかもしれません。
 実質4日間なので、週末には再開できる見込みですが、時間があれば撮影地ガイドの追加をする予定です。

|

« 御殿場線の撮影地ガイドをさらに追加 | トップページ | 長野電鉄屋代線の撮影地ガイドを追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/54138683

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの客レ運転と特急色185系:

« 御殿場線の撮影地ガイドをさらに追加 | トップページ | 長野電鉄屋代線の撮影地ガイドを追加 »