« iPhone5(au)買いました | トップページ | iPhone5の通信速度とテザリング »

2012.09.24

世代交代中の新幹線と常磐特急

Ef510_e26_03
県境を超え軽快に駆け下る「カシオペア」

 こんばんわ。
 先日の三連休はあまり遠出せずに終わりました。
 本来であれば雨の多い時期なので、気合の入れた遠征は組んでいなかったのです。
 とは言っても天気が見込み以上に良かったので、最終日の昨日、日帰りで北関東をめぐってきました。

 急遽思いつきで出かけることになったのですが、レンタカーの手配は少し苦労しました。
 どの店舗も連休中は車は出計らっているからです。
 6店舗目でやっとSクラス1台確保でき、前日の深夜から下道を使ってのんびりと黒磯方面へ車を走らせました。

Ef510_24_03
林道の先にある直線で「北斗星」を撮影。深い緑に鮮やかなブルーが映える

 朝、黒田原の先にある小高い丘の麓に到着しました。
 草木が生え放題の荒れ地ですが、古くから人気のある撮影ポイントで、道がしっかりと出来上がっていました。
 ここに登って「カシオペア」を撮ることにします。
 この日の釜はEF510-504。
 牽引機がEF510になってからの「カシオペア」は、専用色に固執しなくなり青釜での運転が多いようですが、撮影は投入当初の1回を除けば銀釜が殆どでしたので、青釜との組み合わせは少し新鮮に見えました。

 「カシオペア」の後は「北斗星」が続いてやってきます。このまま丘の上に留まっても良かったのですが、気分を変えて線路沿いにある別のポイントへ移動します。
 こちらも丘の上からの俯瞰と同様に、山深い雰囲気がある場所です。
 ちなみにカマはラストナンバーのEF510-515でした。


E5_02
最高速300km/hで駆け抜ける「はやぶさ」。来年春からはいよいよ320km/hに引き上げられ、撮影はより難しくなる?

 ブルトレの撮影が一段落したところで、次は近所の東北新幹線の撮影にシフトします。
 ローアングルから狙う場所で、以前雑誌でこの写真を見たときからすごく気になっていたポイントです。
 背の高いフェンスとコンクリートの壁で覆われている新幹線は、沿線で編成写真を撮ろうとすると高台や脚立に上ってフェンスを交わすなど、斜め上からのアングルが一般的です。
 築堤区間がある東海道・山陽新幹線ならまだしも、壁とフェンスばかりの東北新幹線ではこのアングルは目新しく、まるで敷地内から撮ったかのようなアングルです。
 いったいどんな場所なのでしょうか。
 着いてみると合点がいきました。
 ちょうど高架橋と切り通し区間の接続部分で、線路脇の道路から容易に撮影ができるのです。しかも、脚立なしで。
 ここで2時間近く、色々な編成の組み合わせを撮影しました。
 今東北新幹線では、E2→E5、E4→E2へと置き換えが進んでいて、過渡期に見られる新旧のバリエーションが楽しめるのがいいですね。


E657_01
内原のカーブを行く新鋭E657系

 午後は常磐線沿線に移動します。
 常磐線もE657系の投入で、651系やE653系の置き換えを進めている最中です。
 銀塩時代は485系の置き換え時期、それなりに撮影していましたが、デジタルへ移行してからはあまりストックが無いことに気付きました。
 いつでも撮れると安心していたら機会を逃していた、というパターンですね。
 そのような訳で常磐線のメジャー撮影地のひとつ、内原〜赤塚のカーブへ訪れました。
 ここのポイントは、10年ぶり以上になるでしょうか。
 近くにイオンのショッピングモールができたこと以外は大きな変化はありませんでした。


E653_01
常磐線最後の秋を行くE653系「フレッシュひたち」

 こちらではE653系・E657系の特急を初め、安中貨物などを撮影します。
 線路際の田んぼでは、稲架掛けで稲を乾燥させている光景も見られ、実に秋らしい1枚を収めることが出来ました。
 稲架掛けは1枚の田んぼだけで、他はコンバインで刈られていることから特別に行われているみたいです。自分たちで食べる用なのでしょうか。


651_02
E657型の登場により、651系の運用は少なくなっている。その内日中に運転されるのは、僅か3往復のみに

 最後はもう一つのメジャーポイント、佐貫〜牛久のストレート区間を訪れます。
 初めての訪問だったのですが、場所がよくわからず、最初は県道の陸橋から撮影しました。
 ここでも十分に撮影は楽しめますが、やや電線の存在が気になるので改めてポイントの詳細を確認し、細い路地を抜けて辿り着くことが出来ました。


E653_02
11両編成でかっ飛ばす「フレッシュひたち」。新潟へ転属後も色違いの組み合わせは見られるのか?

 そのポイントはよく写真で見かけるものですから、広い場所なのかと思っていました。しかし、小さな踏切脇から狙うこじんまりとした所だったのです。
 神社裏手の斜面に登って撮ってみたのですが、藪蚊が多いのなんの。蒸し暑いにもかかわらず長靴と長袖のシャツを羽織って撮影する羽目に。
 そんな防備でも顔や袖口の僅かな隙間から食われてしまい、暑さも含めて散々でした。もう夏場は避けた方がいいですね。
 日没とともに撮影は終了。帰りは常磐道経由でまっすぐ帰りました。連休最終日ながら渋滞が少なかったのはラッキーでした。

|

« iPhone5(au)買いました | トップページ | iPhone5の通信速度とテザリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/55713889

この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代中の新幹線と常磐特急:

« iPhone5(au)買いました | トップページ | iPhone5の通信速度とテザリング »