« スカイツリ界隈の2路線の撮影地ガイドを追加 | トップページ | 濃霧の日高本線 »

2013.06.07

在来線を行く新幹線 〜E6系甲種輸送〜

E6_02
ステンレス車が行き交う在来線ホームに颯爽と新幹線車両が。ホームで列車を待つ乗客も思わず見入ってしまう

 大宮駅に「スーパーこまち」車両が!
 えっ?毎日走っているからそんなに珍しくない?
 よく見てください。在来線のホームです。
 先週の土曜日になりますが、兵庫の川崎重工で製造されたE6系編成が長駆秋田まで甲種輸送されました。
 車両のサイズが在来線仕様のミニ新幹線だからこそできる運転で、台車だけ狭軌用の仮台車に履き替えての走行でした。

 新幹線車両が在来線を走ることなど、そうそう滅多にある話ではございません。車両が置き換わる十数年に一度のチャンスです。
 さらには週末に首都圏を通過するとなれば、撮らない理由などありません。
 早朝の東海道線に乗り、小田原方面へ向かいました。

215_01
富士山を入れて215系の回送列車が行く。この裏にはE6系の甲種輸送の列車が…

 撮影地は天候を見ながら2箇所を考えていました。太平洋との組み合わせにするか、富士山との組み合わせかになります。
 藤沢の先で富士山が見えると、こちらの組み合わせで決まりました。小田原の一つ手前、鴨宮で下車します。
 国府津方面に少し歩いた所に富士山をバックに写せるポイントが有り、貨物列車や185系の回送などを撮りながら時間を潰します。
 そして定刻通り、遠方からEF65のヘッドライトが見えて来ました。
 …と、そこへ乾いたタイフォンの音も一緒に聞こえてきます。機関車にこの音はありません、まさかと思っていると並行して215系の回送電車の姿が!
 結果は見事に被られてしまいました。E6系の最後尾と富士山が一緒に撮れたのがせめてもの救いでしょうか。
 再来週も運転がありますが、ここでの撮影は止めたほうがいいですね。


E6_01
先頭は215系に被られても、辛うじて後部は撮影ができた。この編成にとっては最初で最後の富士山との組み合わせだ

 せっかくの早起きが無駄になってしまったわけですが、撮影のチャンスはまだあります。
 甲種輸送列車は新鶴見で機関車交換があるので、湘南新宿ラインに乗って北上し、与野まで先回りします。
 与野付近は武蔵野線からの短略線が合流する所で、被られるリスクも少ないポイントです。
 撮影者の数も多く、近くのマンションの住民も何事かと集まるくらいです。
 新幹線が来ることを知るとスマホやケータイを片手に遠巻きの撮影です。


Eh200_e6_01
上越越えに向けて、ブルーサンダーがエスコート

 地下トンネルの向こうからヘッドライトが見えると、EH200に牽かれた新幹線はゆっくりと地上に上って来ました。
 少々予定より遅れ気味でしたでしょうか。今度はしっかりと撮ることが出来ました。
 晴れていればド逆光の場所なのですが、曇ってきてくれたおかげで潰れずに済みました。

 最後はダメ元で大宮駅へ。
 与野駅に戻った時、北行電車が行ってしまったので間に合うか微妙でした。
 大宮に到着すると、鮮やかな赤が遠目からもよく見えました。
 9番宣のホームの先端から狙いたくなるところですが、混んでいることは目に見えていたので、ここは視点を少し変えてみましょう。
 在来線の大宮駅であることを記録したかったので、4番線ホームから駅名票などを入れてギャラリーともども記録してみました。


Eh200_e6_02
最後部も連結器を出し、自連を取り付けている

 個人的には、早朝の失敗が心残りです。
 羽越本線の方で撮影もしたいのですが、今月は予算がキビシイ…。
 再来週、またチャレンジすることになるかもしれません。

|

« スカイツリ界隈の2路線の撮影地ガイドを追加 | トップページ | 濃霧の日高本線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/57541055

この記事へのトラックバック一覧です: 在来線を行く新幹線 〜E6系甲種輸送〜:

« スカイツリ界隈の2路線の撮影地ガイドを追加 | トップページ | 濃霧の日高本線 »