« 集中掲載 羽越本線の撮影地ガイドVol.4 | トップページ | 今年の展示車両は? 〜東京車両センター夏休みフェア2013〜 »

2013.08.24

一日乗車券で東上線・越生線を乗り潰し

50000_01
大山のカーブを行く50000系トップナンバー。非常ドアのないフラットな前面が特徴

 こんばんわ。
 先日の日曜、東上線一日フリー乗車券で全線乗り潰してきました。
 身近な路線ながら利用する機会が少なく、片手で数えられるほどの少なさです。
 そうなると撮影実績もなく、私の中では空白地域だったのです。
 東上線一日フリー乗車券は夏休み期間中の限定きっぷですし、こういう機会でないと普段乗ることもすくない路線ですからね。
 勿論、乗るだけでは半日もあれば越生線も含めて終わってしまうので、途中気になる駅で下車して撮影も行いました。

 スタートは、普通に池袋から乗りました。
 3本の線路と4つのホームがある池袋駅は、休日の日中でもひっきりなしに列車が到着します。
 先ずは普通電車に乗って3駅先の大山まで向かいます。
 中板橋寄りのカーブにて上り電車を中心に撮影します。
 本数が一番ある区間なので、15分くらい居ただけで8本くらい撮れたでしょうか。

8000_01
徐々に数を減らしている8000系。方向幕の初期修繕車は希少な存在に

 炎天下の中を大山駅まで戻ると、午前中から厚さでバテてしまいました。こんな調子で一日乗りきれるのか?
 駅でスポーツドリンクを1本飲み干して、普通〜急行〜快速と乗り継いで坂戸へ向かいます。
 坂戸からは越生線へ乗り換えです。
 越生線は8000系の独壇場で、日中は3本の編成が行き交っていました。
 取り敢えず撮影地候補を探して、終点の越生まで乗り通します。
 ローカル線のイメージがあったのですが、意外と沿線に家並みが続いていますね。
 
 
8000_02
八高線との並走区間を行く8000系普通電車

 撮影は、越生から折り返してひと駅目の武州唐沢です。
 八高線との分岐点付近で、上下列車を1本ずつ撮影しました。
 単線ながら片道15分間隔なので、あまり待つことなく列車が来るのは嬉しいですね。
 とは言え、炎天下の中の撮影は楽ではありません。


10000_01_1
山間の急カーブを行く10000系急行電車

 坂戸まで戻り、さらに北へ目指します。
 次なるは東上線第二の終着地、小川町へ向かいました。
 これは小川町で完全に運行系統が別れており、寄居へはここで乗り換える必要があります。
 武蔵嵐山の先にある途中の信号場からは単線区間となり、風景も山の中を走るようになります。
 10輌編成の通勤電車がローカル線のような景色の中を走るのは、ちょっと不自然な感じにも見えます。
 ここで途中下車して撮影することにしてみましょう。
 

10000_02
武蔵野の自然が色濃く残る武蔵嵐山〜小川町

 駅前のバスターミナルから、高台の新興住宅地へ向かう路線バスに乗り、国道254号線のオーバークロスのポイントへ向かいます。
 オーバークロスの陸橋からは、上下列車を俯瞰します。
 都会からそのままの編成で急カーブと山の中を走る姿は、ちょっとアンバランスな光景でした。
 続いては、陸橋から見える池の畔にも行ってみました。
 昔からの自然がそのまま残っている場所で、紅葉シーズンにはまた訪れてみたいですね。

 
8000_03
荒川を渡る8000系。川からは学生の歓声が聞こえる

 小川町の駅に戻ると、残りの東上線の旅を続けます。
 小川町から先は越生線と同じく、ワンマン対応の8000系が専任で就いています。
 撮影地はあらかじめ決めていたものの、まずは完乗を目指して寄居まで乗り通します。
 そして直ぐに折り返して玉淀で下車。近くの荒川鉄橋の袂まで歩きます。
 高台のところで1カット撮り、続いて川原の方まで降りてもう一枚と考えていましたが、暑さでバテてきたので川原からの撮影は諦めて早目に帰ることにしました。

 今回はじめて全線を走破したわけですが、川越から先は畑や水田が多く、撮りやすそうな場所が点在していました。
 東横線では撮れない、水田と東急5000系の組み合わせとか狙ってみたいですね。
 

|

« 集中掲載 羽越本線の撮影地ガイドVol.4 | トップページ | 今年の展示車両は? 〜東京車両センター夏休みフェア2013〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/58037284

この記事へのトラックバック一覧です: 一日乗車券で東上線・越生線を乗り潰し:

« 集中掲載 羽越本線の撮影地ガイドVol.4 | トップページ | 今年の展示車両は? 〜東京車両センター夏休みフェア2013〜 »