« 江差線廃止関連の切符について | トップページ | 寝台特急「あけぼの」廃止か? »

2013.10.29

終焉迫る1000系を追って@秩父鉄道

1000_01
青空の下を行く1000系スカイブルー編成。やや不自然な色合いはHDR処理をしているため

 こんばんわ。
 もう先月の話になりますが、9/23に秩父鉄道へ行ってきました。
 他の話題を書いている内にずるずると時間が経ってしまいました。
 まだ溜めているものがあって追々書いていきます。 

 本題に戻ります。秩父鉄道に行くなんてことは年に1回行くか行かないかの頻度ですが、珍しく今年は3度目の訪問です。
 今年度で元国鉄101系の1000系が全廃となり、この秋には1001Fが引退します。
 櫛歯が抜け落ちるように少なくなってきたので、動画・スチール共に記録しておこうということです。
 スチールはこれまで撮ってきていましたが、動画があまりないことに気づきました。
 特にモーター音や抵抗進段の音とか車内から録音的に回したくて…。
 そんな訳で少し乗れて後は撮影できればOK、というスタンスでしたので、早朝から張り切るつもりはなく、11時くらいに熊谷入りしました。
 1000系の運用は他の形式と共通運用になっているため、決まった予定は組まず、行き当たりばったりの行程です。
 取り敢えず対向列車が来たら、可能ならばそちらに乗り換えるというスタンスで秩父方面に向かいます。
 

5000_03
荒川を臨みながらカーブを行く5000系。7500系の進出によりこちらも淘汰されつつある

 寄居まで来て、まだ1000系の姿は現れません。後続の列車なのか、三峰口で昼寝しているのか…。
 前車の可能性があるかもしれないので次の波久礼で下車し、樋口方面へ歩いた国道の陸橋で待ち構えました。
 来たのは7500系…。上り電車にも期待してみましたが、こちらは5000系とステンレス車ばかりでした。
 これは三峰口で昼寝しているのでしょうか?
 波久礼からさらに奥地を目指します。

 次に下車したのは、和銅黒谷駅です。途中すれ違った車両は、7500系や7000系ばかりで1000系はまだ現れません。
 秩父寄りのカーブにて正面から上り列車を待ち構えます。
 期待はしていませんでしたが、やっぱり来たのは7500系でした。これはもう、1000系は三峰口で昼寝しているのでしょう。


C58_12_01
横瀬川を渡る「パレオエクスプレス」

 昼寝しているであろう1000系は、確かならば上り「パレオエクスプレス」の後に来るはずです。
 荒川に架かる橋から「パレオエクスプレス」を撮ると後続の普通電車を待ちます。
 やって来たのは予想通り1000系でした。しかも引退迫る1001Fです。
 中間のモハに乗り込み、まだを少し開けて動画を回します。
 中間車だけは非冷房なので、窓を開けても迷惑にはならず、カコンと制御装置の進段音を真上の席から録ることが出来ました。

 さあ、この1001Fの撮影はどうするか?
 上り列車に乗った場合の撮影地は予め決めていましたから、それを実行に移します。
 熊谷を越えて新郷まで乗り通し、ここで下車します。
 羽生では直ぐに折り返してくるはずですから、その間に熊谷寄りの水田地帯で待ち構えます。
 夕方で露出も厳しくなってきたので、流し撮りにしようか迷いました。
 結局のところスカイブルーの編成なので、青空と組み合わせて撮ることになりました。
 この後に来たのも1000系で、さらにその後も1000系でした。もう、出し惜しみすぎです。

 ということで、やや物足りなさはあったものの、所期の目的は果たせました。
 もう製造から半生記が経過している編成もあり、老朽化はかなり進んでいます。
 引退後はスクラップも止むなしの状態ですが、1本くらいはどこかが買い取って残してほしいものですね。

|

« 江差線廃止関連の切符について | トップページ | 寝台特急「あけぼの」廃止か? »

コメント

私は1001Fの最後を見る事は出来ませんでしたが、3日前にまだ稼働中の1003F/1010Fを再び収めようと行田界隈に出撃しました。その日も実は1003F、1010Fという順番で連続してやってきました。どうやら、最近は連続で来る様なケースが多いのでしょうか?
あと1、2回は何とか撮りに行けたらと思っております。何せ、国鉄101系は私の世代にとって幼少期の想い出の電車ですから。
一方、5000系も昔の都営地下鉄の姿を留める貴重な生き証人でありますから、出来るだけ撮っておいた方が良いかと思います。秩父以外では熊本かインドネシアしかありませんから。

投稿: Blairfindy1号2号 | 2013.10.30 12:35

Blairfindy1号2号さん、こんばんわ。
3輌編成の運用は、他の形式と共通になっていますからたまたまかもしれませんし、引退間際なので検査周期に到達しないよう調整している可能性もありますね。
5000系もいつの間にか廃車が進んでいるので、こちらも目が離せませんね。

投稿: § | 2013.10.31 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/58464706

この記事へのトラックバック一覧です: 終焉迫る1000系を追って@秩父鉄道:

« 江差線廃止関連の切符について | トップページ | 寝台特急「あけぼの」廃止か? »