« 誕生から半世紀 〜「ひたち50周年記念号」〜 | トップページ | そろそろ消えゆく車両たち »

2013.10.17

湘南には湘南色 〜115系団臨「ドームくん号」〜

115_01
高崎からの編成を借りて運転された「ドームくん号」。特製ヘッドマークも付けられている

 こんばんわ。
 直撃は免れましたけど台風凄かったですね。
 会社は徒歩で通えるところなので、朝の混乱には巻き込まれることなくフツーに出社できました。雨がまだ降っていたら、待機という名の二度寝をしたかったんですけどね…。
 それにしてもこれだけ運休や見合わせが続発している中で、出社しようとする人が多いのは毎度ながら感心してしまいます。
 止むを得ずなんでしょうけど、普段以上に時間と労力をかけて仕事するよりかは、明日以降を見据えて潔く半休してから出社した方が捗るのではないかと。

 さて、鉄道の日の14日は東海道本線で運転された「ドームくん号」の撮影に行ってきました。
 115系ながら久しぶりの湘南色の走行です。
 迎え撃つにあたって、私は相模川の土手で待機しました。
 午前中の下り列車なので、順光で撮れる場所はあまりなく、サイドに日が当たれば御の字。サイド主体でも様になる場所ということで相模川橋梁となりました。

185_04
川原に降りて「踊り子号」を撮影。NEX-5Rが吐き出すブルーの色合いが鮮やかだ

 来る途中、新子安のホームや戸塚のカーブには撮影者が集中していましたが、キャパシティが広い相模川ではみなさん思い思いのアングルから狙おうとばらけていて、通過15分前到着でも余裕です。
 雲一つない快晴の空の下、かつての見慣れた色がやって来ました。
 115系であっても、遠目からは113系と変わりはありませんから違和感などは殆どありません。
 強いて言うならば7輌編成は、ちょっと短いかなという印象です。
 ただし、これは定期運用を持つ高崎から借りてきた編成なので贅沢は言えません。

 湘南色を見送った後は暫く居残り、色々なアングルから普通電車、「踊り子」などを撮影します。
 初めての場所でしたので、サンプル撮りは大事です。
 前日に引き続き、この日も午後から別の予定が控えていたのでお昼前には引き上げて一旦自宅へ戻りました。天気が良かったので、後ろ髪を引かれる思いでした。

|

« 誕生から半世紀 〜「ひたち50周年記念号」〜 | トップページ | そろそろ消えゆく車両たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/58397672

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南には湘南色 〜115系団臨「ドームくん号」〜:

« 誕生から半世紀 〜「ひたち50周年記念号」〜 | トップページ | そろそろ消えゆく車両たち »