« 帰省は新旧の列車旅 | トップページ | 583系の終焉 »

2017.03.19

485系の終焉

485_38

 こんばんわ。
 ご無沙汰しております。
 2017年に入ってこれが初の更新となります。
 なかなか旅行どころか撮影に出かける余裕もなく、気付いたら3月の下旬になろうとしています。

 新潟の485系3000番台がいよいよラストランを迎えようとしていますね。
 時間があれば行きたかったのですが、家庭優先になってしまったので過去の画像データを見返すのが精一杯です。
 583系の引退も来月に迫っていますし、国鉄型の終焉は直ぐ目の前まで迫っている感じですね。
 ジョイフルトレインの485系はまだ残りますが、車体はまだ新しくてもメンテナンスを考えると、そう先は長くないでしょうね。

 正直、JR発足から30年の節目まで残っているとは思っていませんでした。
 21世紀になる頃には殆ど消えているのではないか、と当時は思っていたりしましたが、頑丈な作りと汎用性の高さが、引退を後ろへ後ろへ引き延ばしているのでしょう。

 撮影される方も乗車される方も、行かれる人は最後の勇姿を目に耳に焼き付けてほしいと思います。

|

« 帰省は新旧の列車旅 | トップページ | 583系の終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3045/65032949

この記事へのトラックバック一覧です: 485系の終焉:

« 帰省は新旧の列車旅 | トップページ | 583系の終焉 »