Willcom ZERO3シリーズ

2011.03.18

また頼りになったPHS

 こんばんわ。
 停電対象区域外ですが、節電のため今週はiMacを稼動させず、MacBookAirで作業しています。
 iMac自体の電力よりも、部屋のエアコンの消費量が多いですからね。
 こうも寒いとデータのバックアップ程度しか部屋に居られません。

 さて、先日の大地震で首都圏の都市機能は大きく麻痺しました。
 特に困ったのは携帯などの通信手段です。
 地震から2時間経ってもauの携帯は全くと言っていいほど繋がりませんでした。(ワンセグは大活躍しましたけど)
 それに比べてPHSの方は、8割くらいの率で繋がりました。受ける方はダメだったケースが多かったみたいですが、こちらから掛ける分には問題ありませんでした。
 お陰で家族や親戚との連絡もスムーズに行って、余計な心配をすることなく帰れたのは心強かったですね。
 7年前の中越地震に遭遇したときの経験から、通信メインながらも通話はできるように、とUSBやPCカード形式にせず、一貫してZERO3シリーズを使ってきました。
 元々ユーザー数が携帯に比べて少なく、基地局の数が分散しているのであまり混み合わないのですね。
 人口の多い東京でもその繋がりやすさに改めて感銘しました。
 やはりこういう時の為に、今後もZERO3シリーズが無くなったとしても、何らかの形で回線は残しておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

充電時とバッテリー時でのパフォーマンスをチェック

 ハイブリ…、完全に店頭から姿を消してしまっていますね。パンフレットも見かけないし、こんなに早くフェードアウトしてしまうとは・・・。
 同志が増えないのはユーザーとしてさびしい限りです。
 
 さて、今日のお題はベンチマークです。
 前から気になっていたので、いつかテストしてみようと思っていたんですけど、今日暇なときに思い出したのでやってみました。
 これは別の機種との比較のためではなく、シチュエーションの違いによるパフォーマンスを数値で見ておきたかったのです。
 というのも、充電しながら使っている時とバッテリー単体で使っている時とで処理速度に開きがあることを感じていたからです。
 果たしてどれくらい差が出ているのか。
 

続きを読む "充電時とバッテリー時でのパフォーマンスをチェック"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.17

iPadの充電にも使える? ~eneloopでハイブリを充電してみる~

Cimg0605_1
eneloopで見事ハイブリの充電に成功


 前回エントリの続きです。
 ハイブリ用の充電ケーブルを購入し、外出先でも手軽に充電をと考えていましたが、VAIO Xからの充電は、電流量が足らずに失敗に終わりました。
 外出先での充電はコンセントからのみでは、かなり不安です。
 それならばモバイルバッテリーならどうでしょうか。
 携帯電話向けにリチウムイオン電池を使用した、モバイルバッテリーがいくつもありますね。
 USB端子出力のものなら汎用が高く、色々な用途にも使えます。
 しかし、電流の出力が500mAのものが多いですね、というか殆どそれしかありません。
 そんな中、1A出力のものがありました。
 三洋のeneloop USB出力付きリチウムイオンバッテリーです。

続きを読む "iPadの充電にも使える? ~eneloopでハイブリを充電してみる~"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.05.16

ハイブリ対応充電ケーブルで・・・

Cimg0603_1
やっと購入できたリトラクタブルケーブル・デュアル

 こんばんわ。
 先日、ハイブリ用のミヤビックスのUSB充電ケーブルを買いました。
 巻き取り式で、充電用と通信用の二種類のmicro-USB端子が付いたタイプです。
 同様のものは、ヨドバシなどの量販店でも売っているのですが、全て先代のW-Zero3用のもので、ハイブリには対応していません。
 内部の配線が微妙に異なるので、改造しないと使えないのが実態です。見た目は使えそうなんですけどね…。
 だからなのか間違えて買われてしまう方が多いのでしょう、店によってはPOPで非対応の旨をアナウンスしているところもありますね。
 これまで新機種が発売されると、2ヶ月くらいで対応の充電ケーブルが出回るのですが、ハイブリ対応のものはなかなか店頭に出てきません。

続きを読む "ハイブリ対応充電ケーブルで・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.27

ハイブリ 通信カード分割運用へ

100420
ハイブリから抜いたFOMAカードをVAIO Xへ挿入

 久しぶりのHYBRID W-ZERO3ネタです。
 3月に基本使用料だけで、PHSのパケット通信がし放題となる仰天のプラン改訂がありました。
 お陰でハイブリの在庫が殆どなくなる事態となった訳ですが、これまで3Gで通信していた私にとってはあまり魅力には映りませんでした。
 回線スピード、通信エリアの面で3Gの方が圧倒的だからです。最高でも5250円の通信料は伊達じゃありません。
 しかし、せっかく実質タダになりましたので、ものは試しにとPHSで通信してみることにしました。
 するとどうでしょう。思っていたよりも通信速度が速く、インターネット共有でPCで操作していると、3G並みのレスポンスです。
 通信速度を測ってみると、0.21Mbps出ていました。黒耳のMAXに近いスピードですね。
 基地局の回線が光収容されていると速いようなので、環境が整っている都内などで使う分には実用的です。
 3Gは圏外地域用ということで普段はOFFにしておけば、電池の消費が抑えられ、通信費も場合によっては安くなりそうです。特にバッテリーの消費の差は顕著で、これまで毎日のように充電していたので、大きな福音ですね。現在では3日おきに充電しています。

 ただ、せっかくのハイブリッドというか2回線持ちなので、このまま電話機の中で3Gを寝かせておくのはちょっと勿体無い気がします。
 何か有効な活用先はないか…。
 そこで先日買いましたVAIO Xの登場です。

続きを読む "ハイブリ 通信カード分割運用へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.09

ハイブリZero3で、どこでも使える便利さを味わう

 何とも先行き不安なウィルコムとHYBRID W-ZERO3ですが、購入から1ヶ月が経ちました。
 サブ携帯、メインモデムとしてバリバリ使っています。
 FOMAの回線が使えるようになったことで、データ通信の高速化が図られたのは周知の通りで、実際に過去のエントリで触れたとおりです。
 ただ、PCにつないで使う分にはイーモバイルと大差がありません。大都市とその周辺で使うだけなら、態々乗り換える意味は少ないでしょう。
 私が今回、リスク承知でHYBRID W-ZERO3に乗り換えたのは、どこでも通信が出来ると言うことです。
 週末は撮影で地方へ出かけることが多いのですが、風景のよい場所となると大半は人里から離れたところが多く、イーモバイルはもちろん、PHSも圏外となるケースが多々ありました。
 列車待ちで1時間も時間ができてしまうと、ここからネットに繋げてブログの更新ができたらなぁ、と暇を持て余すこともありましたっけ。
 これが人口カバー率100%を誇るFOMAならどうなのでしょうか。
 前回の北陸遠征と今回の岡山・広島遠征と異なるシチュエーションで体感してみました。

続きを読む "ハイブリZero3で、どこでも使える便利さを味わう"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.10

3G圏外問題は、再フォーマットで

 前回のエントリで3Gの圏外から復帰しないと嘆いていた問題ですが、昨日ある方法で解決しました。
 ちょっと面倒ながらも、実にあっけなく解決です。
 それは完全リセットと言うか、OSの再フォーマット(初期化)です。
 出荷時に近い状態に戻すということで、少々リスクを伴います。バックアップに失敗し、設定から何から飛んでしまったら勿体無いですからね。
 一応、噂なのかマジネタなのか、複数の掲示板等で確認をした上でやってみました。

 しかし、箱から取り出して初回起動時にリカバリー領域からのインストール処理が行われているのに、同じ処理をもう一度行うと不具合が出なくなるのは不思議ですね。
 説明書では、初期化を行うといくつかのソフトは消えてしまう、と書かれていたので、処理が微妙に異なるのでしょうね。
 なお、初期化してしまうとこれまでのデータや個別にインスールしたソフトは消えてしまうので、処置を行う前にバックアップを取り、その後復元処理を行いました。

 初期化後は、それまでの不具合が嘘のように問題なく動作しております。
 他にも小さな不具合が出ていますが、何とか端末として最低限の使える環境が整いました。
 更新データリリースのスケジュールが固まっていない以上、この処理は必須ですね。
 これから買われる方は、箱から取り出して一度起動しましたら、すかさずバックアップを取って初期化を行いましょう。
 もしかしたら対策処理を施した端末も存在するかもしれませんので、一応店頭で確認してからが良いでしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.08

3G回線が繋がらない・・・

 前回、買って早々にXcrawlの不具合にぶち当たってしまったことを書きましたが、受難の道はまだ続きます。
 今度のHYBRID W-ZERO3最大のウリである3G通信です。
 通信そのものはFOMAの高速回線を使っているので、イーモバイルと同等の速さを体感できます。
 場所や時間帯にもよりますが、平日の21時ころ新宿周辺で測定してみたところ、下りが2Mbps弱、上りが400Kbpsでした。電車で移動中は、速度は落ちるもののPHSとは雲泥の差があります。
 回線の品質には全く問題はありませんが、地下鉄に乗ると次から繋がらなくなってしまうのです。
 具体的には一度地下に入って圏外となり、そのままこれまで掴んでいた基地局の電波とは異なる所へ移動すると圏内に戻っても通信が出来なくなってしまうのです。
 対処方法は再起動しかなく、地下鉄利用者としては頭の痛い問題です。
 もちろん、買う前にこのことは知っていました。いずれアップデートで対処できるだろうし、再起動くらいなら我慢できるだろう、と。
 でも、WM6.5の再起動に掛かる時間が長く、2分近く待たされるのには驚きました。
 普通のPC並ですからね。下手したら長いかもしれません。
 先日Xcrawlの不具合で交換した際、店員に不満をぶつけると、メーカーも認識しているようで、近いうちにアップデータを出します、とのこと。
 ただいつリリースされるかははっきりしていないため、次善の策を探さないと・・・。
 他にも問題は出ているのですが、3G目当てに買ったようなものなので切実です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.07

人柱上等! 〜不具合だらけのHYBRID W-ZERO3導入〜 

lscp003007_100121_01

 あー、やっちまいました。
 予定よりも早くHYBRID W-ZERO3を買ってしまいました。
 先日、発売されたばかりの実機を店頭でチェックするつもりで触っていたら、1時間後には機種変の手続きを…。
 大きくて見やすい液晶、高速な3G通信の実力にフラフラって来てしまったのです。
 まだ先代のWILLCOM 03 WS020SHの分割がまだ1万円近く残っているんですけど、それを無視しても手に入れたいという物欲が前面に出てしまいました。
 一応、購入前に3Gの問題とか標準UIのトロさとか、スライド部分のガタつきが多いと言った情報は知っていて、それらを飲み込んだ上での購入です。
 ウィルコムの経営自体がやばいのも承知です。
 そんな覚悟を決めて手にしたのですが、やはり噂通りの問題児でした。

続きを読む "人柱上等! 〜不具合だらけのHYBRID W-ZERO3導入〜 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.06

Willcom 03に機種変

03_01

 購入の直前まで復活しないかとドライヤー(もちろんCold)を当てたりしていましたが、バッテリーからは全く起動できないので、今朝開店と同時に買い替えました。
 先週発売された最新のWillcom 03です。
 アドエスをお釈迦にするまでは、全く買う気は無かったのですが、この一週間の間に色々情報収集していました。
 集めた結果、確かにワンセグは便利そうだけど、ケータイのがあるから十分だし、Bluetothも使わないし、筐体も薄くはなっていないし・・・、でアドエス登場時ほど魅力が湧いていませんでした。
 それでもマイナス要素はあまり無いし、スライドキーボードも持ち易く、打ち易くなったのは実機を触って一番良く感じたので、金曜日の晩に決意しました。

続きを読む "Willcom 03に機種変"

| | コメント (0) | トラックバック (0)