カメラ

2013.05.16

サブカメラに… 〜SONY NEX-5R〜

Nex5r
毎年改良を加えながらも基本スタイルはそのままのNEX-5シリーズ。最新のRからは自分撮りもできるようになった

 こんばんわ。
 この所都市の所為なのでしょうか、Nikon D300を持っての撮影がすこしかったるくなって来ました。
 勿論、地方の遠征では普通に持っていけるのですが、都内での撮影や乗り鉄主体となると、大袈裟かなと感じるのです。
 かと言ってコンパクトデジカメでは物足りない…。

 ということで、その間を取ってミラーレス一眼に注目してみました。
 カメラ各社がこぞって参入しているこのジャンルは、出た当初からサブカメラに使えないかと気になる存在ではありました。
 去年くらいから価格も機能も小慣れてきて、サブカメラ兼動画撮影用として1台欲しくなって来ていたのです。
 そこへ先週末、たまたま家電量販店で価格を聞いてみると、表示価格より1万円以上も安くなり、お手頃感が高まってついつい買ってしまいました。
 勢いとは言え色々下調べはしていたので、軽い衝動買いくらいでしょうか。

 買ったのは、SONYのNEX-5Rです。ズームレンズ2本セットのやつになります。
 NEXにしたのは、ミラーレスでコンパクトでありながらイメージセンサーがAPS-Cサイズの大きいものを載せていること、値段の割には質感も高いことにあります。
 ピント合わせも簡単で、画面にタッチした所に合わせることもできるなど、画面の端を使う鉄道撮影においては助かります。
 早速買った翌日近場で撮影して来ました。

続きを読む "サブカメラに… 〜SONY NEX-5R〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.21

スリムでコンパクトなカメラバック KATA3N1-22 スリング

3n1_22_01
スリムでスクェアなデザインのKATA3N1-22

 先日、列車利用の日帰り旅行用にカメラバックを買い換えました。
 イスラエルのメーカー、KATA社の3N1-22です。
 これまでは日帰り撮影用にターガスのリュックにレンズ用の中敷きを入れて使っていましたが、僅か2年弱でショルダー部分の編み込みが解れてきてしまいまして、みすぼらしくなってしまったのです。
 買い替えに当っては、これまでの使用履歴を思い返して、汎用的なものではなくカメラ用ものにすることを決めました。
 ヨドバシカメラのカメラバックのコーナーに行くと、色・サイズ・デザインなど種類が豊富で迷ってしまいますが、野暮ったくなくできるだけコンパクトなものを探しました。
 カメラ用のバックやリュックは、収納量や取り出しのしやすさを第一に作られているので、機材が多くなるとどうしてもずんぐりな造りになってしまいがちです。
 そうなっては混雑した電車に乗ると邪魔になってしまって、置き場所に困ることもあるんですね。網棚が塞がっていて、足元に置くときとか・・・。しょっているとぶつかりやすいですし、気を使ってしまいます。
 だからといってコンパクト過ぎては機材が収まらないですし、パソコンを入れる収納スペースも必要と、贅沢な要求に鞄探しは難航しました。

続きを読む "スリムでコンパクトなカメラバック KATA3N1-22 スリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

D300Sを触って

 先日、ニコンの新宿ショールームへ行く機会があり、28日に発売されるD300Sの展示品を触ってきました。
 ついでに11月に発売されるAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIもあれば見たかったのですが、こちらはまだ発売が先とあって、陰形もありませんでした。現行品の展示もなくなっていたので、そろそろ出て来るとは思いますが…。
 さて、D300Sの外観は、マイナーチェンジとあってD300と変わらず、背面のボタン構成がD700に近くなった印象くらいです。
 メニュー構成もD700とかに似ていますね。
 シャッターを切った感覚やファインダーを覗いた印象は、D300と一緒です。隣に置いてあった現行のD300と撮り比べていますので、間違いないでしょう。
 画質についても特に変化した印象はありません。背面液晶で見ているくらいなので、厳密な比較はできませんが…。
 個人的に気になったのは、水準器の機能です。
 メニューから背面液晶で傾きを確認するのは、D3やD700と同じでなのですが、ファンクションキーへの割当や上部の表示パネル、ファンダー内でのインジケータ表示はできないようです。
 まあ、発売前なので、製品板ではできるかもしれませんが、発売は来週ですかねぇ。
 水準器の機能が気になっている方は、店頭の展示機で確認してみてください。

---2009.08.29 追伸---
 発売日となった昨日、ヨドバシで確認してきました。
 やはり水準器の機能は、背面液晶でしか使えないようです。
 ファインダー内に表示できれば、アングルを決める上で便利なんですけどねぇ。
 次期モデルに期待しましょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.30

ニコンから新型カメラ、レンズが登場

D300S

 今日、ニコンのDXフォーマットカメラの新機種、新型レンズの発表がありました。
 カメラは、D300sとD3000。
 D300sは、名称の通り、D300のマイナーチェンジのようですね。
 D3000は、春に出たD5000の廉価版になります。
 詳細な使用はニコンのサイトをご覧頂くとして、個人的な感想を。
 D300ユーザーの私としては、動画やライブビューは殆ど必要ありませんので、特に買い換えたいという思いは湧いて来ません。
 SDカードが使えるようになっても、オマケ程度ですし、MB-10がなくても秒7コマ切れるようになっても同様です。
 第一、まだ買ってから1年半ですので、買い替えにはまだ早いですね。最低でもあと1年は使わないと・・・。
 来年の秋には、フルモデルチェンジとなりそうですから、それまではD300で頑張ります。
 D3000は、特に興味はありませんのでスルーいたします。

 レンズは、AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR IIとAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR IIです。
 前者はマイナーチェンジっぽいですが、後者は設計を新しくし、ナノクリスタルコートのレンズを採用したフルモデルチェンジのようですね。画質の更なる向上が期待できます。
 昨年現行モデルを買った身としては、まだまだ買い換えも買い増しもするつもりはありません。ライトグレーのタイプは出ないようですし・・・。
 ただ、今後FXフォーマット機の導入も視野に入れているので、気になるレンズではあります。
 あと1年登場が早ければ買っていたかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

円高の今こそ・・・・ ~AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを購入~

pic_001

 新しいレンズ買っちゃいました。
 標準系ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDです。冬ボで手に入れました。
 重いし、でかいですけど写りは最高です。
 これまで使っていたAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5Gは、周辺部分の写りが今ひとつ納得できませんでした。銀塩では、2.8通しの明るいレンズを使っているので、デジタルも同じようにという願望がありました。
 夏にAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8Gを買ってから、画質の差が顕著になったので、尚更でした。
 AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8Gにしようか迷ったのですが、55~70領域って結構使うことが多いんですよね。
 広角がやや物足りないものの、使う頻度は室内撮り以外は低めなので、AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-F4.5Gを手元に残すことで決着しました。

 購入に当たっては、アメリカのB&Hというヨドバシカメラみたいな見せの通販サイトで購入しました。
 このところの円高のお陰で、日本で買うよりも3万円近く安く買うことができました。
 カード決済のレートがいくらになるかによって多少変わりますが、日本円で送料+消費税込みで14万円くらいでした。
 調子に乗って、うっかりストロボ(SB-600)も買ってしまいました(これも日本より安い)。

 これだけ安いと、これからは海外通販ですよ、と言いたいところですが、そうとは言い切れません。
 最近発売されたレンズやカメラ本体は円高基調を反映された設定になっていますので、全部ではないのです。
 その他の製品も急に円高が進んだので、どこかのタイミングで卸値を上げるかもしれませんし・・・。
 今でも十分に安いですから、もっと円高が進むまで待つよりも確実でしょう。

 さて、肝心の作例ですが、昨日届いて早速今日撮影に出掛けててきました。
 直ぐアップしたいのですが、実はこの後も撮りに出るので、遅くなってからの公開となる予定です。

---2009.02.08 追記---
 買ってからしばらくはB&Hのサイトは見ていなかったので、いつから変わったかは判りませんが、先ほどチェックしてみたところ、200ドル以上価格が上がっていました。
 消費税に送料を足したら、現状の円高のメリットは殆どありませんね。
 仮に売値が現状(1699.95ドル)のままであった場合、1ドル/85円まで円高にならないとメリットは出てこないでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.24

すこいぞ!D300

103_11

 ニコンから久しぶりに上級者向けの新型デジタル一眼レフカメラの発表がありました。
 型番はD3D300
 それぞれD2シリーズとD200の後継機です。
 D3は高嶺の花という感じで手は出せませんが、D300なら20万円台前半とボーナスで買えそうですね。
 まだD200は買ってからまだ1年も経っていませんが、d300の申し分ないスペックに心奪われています。
 D200と変わらないボディなのに、ファインダー視野率100%を実現し、秒/8コマの高速連写も出来てしまうなんて・・・。
 ノイズが多いといわれた画質についても、センサーをCMOSに変えたことで大幅な改善が期待できます。
 スペックを見る限りではD2シリーズを凌駕しています(ボディの質感は劣るかもしれませんが・・・)から、D200以上のヒットは間違いなしでしょう。
 個人的には、ファインダーと連写機能のアップだけでも十分買いです。
 一生モノとは言い切れませんが、少なくともD200よりかは遥かに長く付き合えるだけのスペックです。

 そんな訳でお金に余裕があれば今すぐ予約して、発売日に買いたいところです。
 しかーし、下期はハードディスクレコーダーの買い替えやMacのリプレースで予算が押えられており、D200を下取りに出しても春くらいまでは買えそうにありません。
 半年間は指くわえて待つことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

D200やっと触ってみました

 先日発売されて間もないD200を店頭で触ってきました。
 掲示板上で色々情報はあがっているのですが、頭でっかちになるばかりだったので、自分なりに見定めようと会社の帰りに寄ってみました。
 D200は予約だけの販売で店頭在庫はないようなのですが、展示機はちゃんと置いてありました。
 早速手にとって見ましたが、持った感触が見た目以上にしっかりしていて高級感がありました。
 評判のファインダーの見易さも納得の出来で、F5より明るくピントの山も掴みやすい感じでした。
 ただ、D200の隣に置いてあったF6には劣ってしまいますが・・・。
 最初F6とは気づかずファインダーを覗いたときは、「このデジ一見易い!欲しい!」と思ってしまいましたよ。
 シャッターを切った感触も静かで、切れ味のいい音でした。
 これはどんどんシャッターを切ってやろうという意欲に繋がりますから、重要なファクターです。
 そんなわけで、カメラとしてのD200は価格以上の出来の良さでした。
 これならF5との併用、若しくは単独運用でも違和感はなさそうです。

 画質については、店頭では細かくはチェックできないので、ネットで公開されているもので見ることにしています。
 やれ、キヤノンに比べて高感度のノイズが多いとか言われていますが、私的にはISO800までなら許容範囲です。
 800くらいまでならレタッチでカバーできる範囲でしょう。
 おそらくデジタルになってもISO100、200が常用感度になるので、シビアな問題ではないのです。

 お金に余裕があれば買ってしまいたいところなのですが、来年の春くらいまでまとまった予算がないので、しばらくの我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

レンズ買い替え

 レンズを買い替えました。
 約1年間、SIGMAのAPO 70-210mmF2.8を使っていたのですが、中のレンズがくもって使い物にならなくなってきました。
 そこで一時的にNikonの80-200mmF2.8Dを引っ張り出してきたのですが、もともと三脚座が付いていないために三脚をカメラにセットしたときのバランスが悪く苦慮していました。レンズに重心が掛かりすぎているので、きっちり雲台のねじを締めないと直ぐに頭を垂れてしまうのです。
 そこへ何気なくヤフオクをのぞいたところ、状態の良いTamronのSP AF70-210mmF2..8を発見。値段も手ごろで3万ちょっとで落札。昨晩届きました。
 見た目は安っぽいデザインなのですが、ボディの造りは結構しっかりしていました。
 レンズ自体もファインダーを覗いただけなのですが、シャープでボケもいい感じです。
 ただピントリングは貧弱で、最初どこにあるんだと探してしまいました。
 答えは先端部分にあるのですが、ピントリングのグリップが存在しないんです。レンズフードを付けて初めて具合が良くなるのですが、どうも最初からフード付けて使ってくれという造りになっていました。(言われなくても付けますが・・・)
 カメラはもちろんAFですが、マニュアル主体の私にとっては操作性がちょっと心配です。
 噂ではそこそこシャープな写りで色のりもよいとされていたレンズなので、週末にでも試して見たいと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.02

遂に登場!Nikon D200

hi_ni01.jpg

 ネット上ではそろそろ出ると言われ続けて待つこと1年。やっとと言うか、満を持してと言うか、ニコンから正式に発表がありました。
 詳細はニコンのサイトを参照していただくとして、これまで空白地帯だった中級機クラスが出ました。
 スペック的には、画素数や連続撮影枚数、防塵防滴処理など満足のいくレベルに収まっています。
 見た目はD2シリーズの弟分と言うより、D70の兄貴分と言う感じのデザインですね。
 ファインダー視野率が95パーセントと言うのはちょっと残念ですが、ファインダー倍率がD2よりも大きいみたいなので、見易さは期待できそうです。
 視野率は銀塩と違って液晶ですぐ確認できるので、多少狭くてもカーバーできるでしょう。

 個人的には来年あたりデジ一眼に移行を考えていたので、D200は最有力候補として検討したいと思います。
 値段も実売で20万円以下と手ごろですし、コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。
 来月中旬からの発売と言うことで、店頭に並んだら感触やシャッターを切ったときのミラーショックの具合などを確かめてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

NeatImageを試す

 FZシリーズに限らず、デジカメのノイズは常に気になり出すと頭を悩ます存在です。
 特に高感度撮影でのノイズは偽色を伴いますので、フィルムのようなただ粒子が粗いだけでは終わらないのが困ったところ。
 これまではPhotoshopのノイズフィルターで除去していましたが、解像度が落ちてしまうのと適用量の調整が出来ないのが困った点でした。
 そこで、価格.COMの掲示板なんかで翌耳にするNeatImageを使って見ることにしました。
 NeatImageはノイズを除去するために特化したような専用のソフトで、ここからダウンロードできます。
 最初はWIn専用かと思っていましたが、Mac版もPhotoshopのプラグインながら存在することがわかり、そちらを使って見ることにしました。
 このソフトは英語版のみなのですが、日本語のマニュアルがWin版ながらありますので、なれればスムーズに使えるでしょう。
 さて、そのノイズ除去の威力ですが、先日の餘部鉄橋で撮影した画像で見比べて見ましょう。
 レタッチ環境が違うので色合いが違いますが、パッと見のノイズの量を比較して見てください。

amarube47_03

 オリジナルの画像。

amarube47_03n
 NeatImageで加工した画像。解像度感を残しながらノイズを抑えられている。

 まだ、使い始めなので設定のコツを掴んではいませんが、期待できそうな手応えでした。
 処理に時間が余計にかかってしまいますが、露出がアンダーな時は使うべきユーティリティだと感じました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧