G_鉄道写真@近畿地方

2014.06.01

赤い彗星を撮る 〜南海ラピート20周年記念その1〜

50000_04
青空に映える赤い彗星。大和川の築堤を駆け抜ける「ラピート号」

 おはようございます。
 早いもので6月に突入しました。。
 梅雨もいよいよですね。
 この時期はカラッとした天気が続き、新緑もきれいです。撮影にはうってつけの季節と言ってもよいでしょう。紅葉シーズンと並んで大好きな季節です。
 ローカル線を撮り歩くのもいいですが、今年は関西の私鉄にしました。今話題の南海電鉄です。
 南海の空港特急「ラピート」が誕生20周年を記念して、期間限定の特別ラッピングを施されています。
 そのラッピングが人気アニメのガンダムということで、俄然注目を集めました。
 今回はこれまでのコラボラッピングとは異なり、アニメのキャラクターではなく、ストーリーの“世界観”を取り入れたことです。
 さらには地球連邦側ではなく、ジオン側を対象としたことも大きな話題となりました。
 ラピートを見ていると、曲線的なデザインが多いジオンのモビルスーツや戦艦に相通ずるものがあるんですよね。
 お台場に実物大のガンダムがあって、ザクがないことを嘆いていたジオン派の人は溜飲を下げられるかもしれません。
 赤・専用・3倍の言葉に惹かれる世代ですので、是非この目で一度見てみたく夜行バスで大阪へ向かいました。

続きを読む "赤い彗星を撮る 〜南海ラピート20周年記念その1〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

正調フル編成 〜「サロンカーなにわ」撮影記〜

Ef81_14_03
余呉付近を走る「サロンカーなにわ」。TES色のEF81との組み合わせは正調編成と呼べるほどの統一感がある

 こんにちわ。
 このところめっきりと寒くなりましたね。
 一ヶ月前までは汗ばむ陽気だったような…。
 コートを出そうとしましたが、クリーニングに出していなくて今週は気合で乗り切りました。

 さて、先日は高山本線での撮影をレポートしましたが、今日はその続きです。
 翌日10は、東海道・北陸本線で「サロンカーなにわ」の撮影をしていました。
 「ーなにわ」の撮影は、これまで何回かありましたがEF81との組み合わせはまだでした。
 色調が似ているトワイライトエクスプレス色との組み合わせがベストであるものの、数少ないローズピンクも捨てがたいコンビです。
 どちらにしても撮っておきたかったので、前夜一泊した可児から名神高速経由で西へ向かいました。

続きを読む "正調フル編成 〜「サロンカーなにわ」撮影記〜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.28

消えゆく歩道、赤川鉄橋 〜三つのさよなら Vol.3〜

Ef210_100_01
日中でも人の往来が絶えない赤川鉄橋。平日でも見物人が多くやって来る

 こんばんわ。
 先日の三連休は、二日間は部屋の掃除や洗濯に明け暮れ、最終日の23日だけ秩父鉄道へ行ってきました。
 このところNEX5-Rの出番が多くて、D300は一ヶ月以上ドライボックスの中です。
 通常の撮影も動画も1台で済ませられるので、思っていた以上の活躍ぷりです。もう少しレンズが明るければ文句なしなんですが、大きく重くなってしまっては小型化の意味はありません。

 では前回エントリの続きと行きましょう。
 交通科学博物館の見学後は大阪駅に戻り、市営バスに乗り換えて赤川鉄橋へ向かいます。
 赤川鉄橋は2年半ぶりの訪問で、前回はDD51終焉の時でした。
 今度は人道仮橋部分が10/31で廃止になることから、記念の渡りと他にはない独特の風景を収めることにしました。

続きを読む "消えゆく歩道、赤川鉄橋 〜三つのさよなら Vol.3〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.16

名車最後の輝き 〜終焉迫る京阪旧3000系〜

8030_02
大和田のS字カーブを行く旧3000系特急

 こんばんわ。
 今週は更新に掛ける時間が取れないまま週末となりました。
 早朝出勤〜深夜帰宅の繰り返しでしたので、今日の日中は爆睡でした。
 さて、前回エントリの続きと行きましょう。

 2/11は京阪本線の撮影に始終いたしました。
 京阪は今、旧3000系の8030系(以下3000系)がこの春に引退することになり、ラストランに向けて盛り上がりを見せています。
 3000系については、これまで3回ほど京阪を撮影する機会があったのですが、巡りあわせが悪いのか後追いの1カット分しか撮っていませんでした。
 鳩の外付け特急マークも復活したことから、駆け込み的にはなってしまうものの、朝から精力的に動き回りました。

続きを読む "名車最後の輝き 〜終焉迫る京阪旧3000系〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.19

ちょっぴり胸熱な日根野区の103系方向幕

103_01
ローカル運用オンリーの103系に燦然と輝く「新快速」の種別幕

 こんばんわ。
 このところ撮影地ガイドのネタばかりでしたので、少し変わり種の話を出してみましょうか。
 先日の天王寺駅で撮影していた時のことです。
 ホームに停まっていた103系に目が止まりました。
 方向幕をグルングルン回して、色んな行き先を出していたからです。
 表示器の調子が悪いのか、本来の行き先を表示できずに先頭と最後のコマを行ったり来たり。
 その時面白い行き先を発見しました。

 LEDの表示器が主流となった今、幕式の思いがけない表示はワクワクしますよね。
 いくつかありますので、順番に紹介します。

続きを読む "ちょっぴり胸熱な日根野区の103系方向幕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.01

一つの国鉄色の終焉 〜113系阪和色ラストラン〜

113_05
日置川鉄橋を行く113系阪和色

 こんばんわ。
 帰りの新幹線の車内より更新しています。
 今日は、阪和・紀勢本線で団体臨時列車「ありがとう113系阪和色」を撮影しておりました。
 阪和色は10年くらい前まではポジで多く撮影していましたが、デジタル化後はぷつんと途切れていました。
 帯色の退色が激しいとか、太い金型の窓枠が目障りであっても、ひとつの国鉄色がなくなってしまうことは大きな動機となります。

続きを読む "一つの国鉄色の終焉 〜113系阪和色ラストラン〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.31

「ありがとう113系阪和色の旅」他、103系撮影とか和歌山電鐵訪問とか

2270_02
山東付近を走るおもちゃ電車。青空とのコントラストが美しい

 こんばんわ。
 今日は和歌山まで来ています。
 この週末運転される「ありがとう113系阪和色の旅」を撮るつもりでしたが、天候のめぐり合わせの悪さは関西でも健在でした。
 ただ、予報では悪天候は今日だけでしたので、無理して113系は追わずにこれまで乗っていない・撮っていない路線に目を向けることにしました。
 

続きを読む "「ありがとう113系阪和色の旅」他、103系撮影とか和歌山電鐵訪問とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

世代交代始まる紀州路へ

381_01
南部の美しい海岸線を行く「くろしお」

 こんばんわ。
 この週末は撮影にでております。
 昨晩夜行バスで東京を出て、日中は和歌山側の紀勢本線で撮影をしておりました。
 来月のダイヤ改正で287系の投入が開始され、381系が順次淘汰されていきます。
 数があるうちに撮っておこうという魂胆で、和歌山から南部近辺を中心にレンタカーで周って来ました。

続きを読む "世代交代始まる紀州路へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

新緑の丹波路と381系「こうのとり」

183_01
緑一面の山々を駆け抜ける、特急「きのさき」

 こんばんわ。
 今日は東海道新幹線から更新しています。
 土曜日にも関わらず今日は出張で四日市まで行っていまして、その帰りです。
 先週も四日市まで来ていましたけど、仕事なので鉄分ゼロ…、と思いきや、帰りの近鉄特急はちゃっかり二階建てビスタカーで拘りを入れてみました。

 さて、前回の続きと参りましょう。
 福知山で一泊して、翌朝は山陰本線の撮影からスタートいたしました。
 2月の終わりにも撮影にきていますが、その時に気になっていた場所がありまして、新緑の時期にもう一度訪れようと考えていました。
 新型の287系が投入され、新緑と183系の組み合わせはおそらく最後となるでしょう。

続きを読む "新緑の丹波路と381系「こうのとり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.31

掛け持ち撮影 〜ありがとう485系・489系〜

489_14
雷鳥風のヘッドマークを掲げ大阪を目指す「ありがとう489系」

 こんばんわ。
 先日の日曜、東京から夜行日帰りの弾丸ツアーで485系と489系の団臨を撮影して参りました。
 485系は琵琶湖一周コース、489系は金沢〜大阪の片道運転です。
 両者はこれまで幾度と無く撮ってきましたが、列車名が表すとおり惜別運転の要素が強く、事実上のラストランなのかと思うと見逃すわけにはいきませんでした。

 先週くらいまで原発の状態が心配で、なかなか遠出する気が起きませんでした。出掛けたものの、東京に戻れない事態が起きたらと思うと…。
 しかし、震災から二週間が経過し、一時ほどの危機的状況からは脱却したように見えてきました。何時までも家に篭っていてもしょうが無いですからね。

続きを読む "掛け持ち撮影 〜ありがとう485系・489系〜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧